2007年8月28日

コースター評価:夏の関西遠征編

070828.jpg

 8月27日に乗車した関西圏コースターのコメントをしておきます。今回乗車したのは、

 ・王子動物園(兵庫):ドラゴンコースター
 ・モザイクガーデン(兵庫):ミニコースター
 ・生駒山上遊園地(奈良):ジェットローラー

 の3つです。

 <ドラゴンコースター>

070828_01.jpg
写真1:王子動物園のドラゴンコースター

 5匹目のドラゴンコースターです(笑)。乗り場のデザインが微妙に異なる以外はほぼ同じと言って良いでしょう。経年劣化により乗り心地が異なるのですが、コイツに関しては普通でした。

070828_02.jpg
写真2:ドラゴンのしっぽ

 コースは白色(シルバー?)で、5匹見てきた中では、比較的標準的な色合いかもしれません。

 5匹も乗ると、コメントがこんな程度になってしまいますが、まぁ、そういう事で・・・

 ロケーションがミニ遊園地の一番奥になり、観覧車と隣接していることからエースアトラクと言って良いのでしょう。やや高台に位置しており、敷地の端部にある事から、動物園の中ではなく周辺の景色を見るような感じになり、爽快感はそこそこに良いです!!

 パンダを見るついでに乗車しては如何でしょうか?

 <ミニコースター>

070828_03.jpg
写真3:モザイクガーデンのミニコースター全景

 ミニ遊園地と言うことで設置スペースは長方形ですが、ご覧の通りミニコースターにしては比較的敷地は大きめで、曲線をきつめに設定することによりコース延長を確保しています。

 コース設計としては、水平ループと小ぶりなキャメルバックの組み合わせとなっており、前半はキャメルバックが大きめで旋回時の速度が落ちるためかキャメルバックがメイン、後半は加速のついた水平ループがメインという印象を受けました。

070828_04.jpg
写真4:ファーストドロップ状況

 リフトアップ後は緩やかに右90度旋回し、海を眺めつつ軽くドロップし、右180度旋回、左90度旋回してファーストドロップに突入します。

 ファーストドロップは規模・勾配ともさほど大きくありませんが、それなりに楽しめるドロップで、終わるとすぐに右180度旋回します。バンク角度は適度で乗り心地も悪くなく、組み合わせの面白さはありますね。

 旋回後セカンドドロップを経て、リフトアップ後の位置の下に戻り、2週目となります。右90度旋回、右180時旋回の後、ドロップしながらの左90度旋回となります。この部分は結構迫力がありました。 
 
070828_05.jpg
写真5:フィニッシュ!!

 後半戦は水平ループがメインになる部分で、あまりに回転半径が無い水平ループのため、多少の抵抗感があるのが若干残念なところ。かなり身構えておかないとダメージを受けちゃいます。

 8の字に若干足りないような線形の水平ループを終えるとフィニッシュとなります。

 全体的に旋回と旋回の間はキャメルバックが配置されており、休憩する部分が無いためか、ミニコースターの中では激しめの
部類に属するのではないかと思います。

 敷地の制約でミニコースターのような佇まいをしている一般のコースターと見たほうが良いのかもしれません。

 大人でも充分に楽しめるコースターと言えましょう!!

◆落下的スリル:★★☆☆☆(ゆるやか)
◆コース的スリル:★★★☆☆(適度)
◆爽快感:★★★☆☆(適度)
◆総合満足度:★★★☆☆(満足)

 <ジェットローラー>

070828_06.jpg
写真6:リフトアップからファーストドロップに至る

 生駒山上遊園地(改称したんですね)のジェットローラーですが、いやぁ、何とも言えない独特なコースターです。

 リフトアップした後の高さは地面を基準にすればさして高くは無いのですが、なにしろ生駒山上の遊園地です。山の頂上から下界を見下ろすような絶景は、メガコースター系の比ではありません。もの凄いです!!

 あまりに凄い絶景に目を奪われてしまいますが、いざコースターに意識が戻ると、ファーストドロップの線形の凄さに再びビックリする事になります。

 一般的なコースターではあり得ない事ですが、このジェットローラーはドロップしながらレールが少しずつコース内側に曲がっているのです。

070828_07.jpg
写真7:ファーストドロップ部の線形

 ドロップ途中でレールを捻る線形のため、ドロップの勾配は一定になっているからか、変な線形の割に乗り心地は悪くないのは凄いと思いますが、車両が右側に傾くため、身体が追いついていかない怖さは有りますね。

 おいおい、こんなに傾いちゃうの?って思いましたから(笑)。

 ドロップ後は上り勾配がなく旋回する線形になるため、加速したまま旋回する事になりますが、これ以上無いくらい旋回の準備が出来ているため、スムーズに旋回していきます。

 乗り心地も悪くなく、なかなか迫力がある旋回です。

 セカンドドロップもファーストドロップ同様の線形の逆バージョンで左側に車体が傾き、左旋回となります。

070828_08.jpg
写真8:セカンドドロップ後の旋回状況

 いやぁ~、個性的!!

 この2つのドロップ~旋回を楽しむだけでも乗る価値があると言えましょう。最初の絶景といい、こんなのどこにも無いですから、生駒にお越しの際には是非どうぞ!!

◆落下的スリル:★★★★☆(良好)
◆コース的スリル:★★★☆☆(適度)
◆爽快感:★★★★☆(良好)
◆総合満足度:★★★★☆(大満足)

 へんなスリルがあったので、高めの評価をしておきます。あらためて考えると普通のコースターなのかもしれないなぁと思ったりしますが、まぁ良いじゃないですか。尖っていて大好きです。こういうの!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/243