2007年9月24日

2007年9月9日東急溝の口・高津駅工事調査

070924.jpg

 2007年9月9日に東急溝の口・高津駅の工事調査をしましたので、報告します。

 以下、コメントです!!

070924_01.jpg
写真-1:溝の口駅下り外側線中央林間方状況

 下り外側線の軌道工事が進んでおり、中央林間方は桁も架設されていないような状況ですが、調整のための余長を残して軌道を敷設しているという事は、遠くない時期に切換がなされるという事でしょう。

 現地を見る限り留置線の完成までは、もう少々時間がかかりそうですが、桁さえ架設してしまえば下り外側線から現行線に繋ぐ事が出来そうなので、田園都市線部分を完成させてから大井町線部分に手をつけるという手順だとすれば、急ピッチで外側線の施工を行っているのは頷けるような感じです。

070924_02.jpg
写真-2:溝の口駅下り外側線渋谷方状況

 前述の通り、下り外側線の敷設が急ピッチで進められています。

 計画配線図では溝の口の渋谷方には渡りが設置されない計画になっていることもあってか、新設部分は既存部分に影響されず、最終線形らしき形状で敷設されています。

070924_03.jpg
写真-3:高津駅中央林間方状況

 高津駅のホーム部分は一部施工が残っていますが、駅前後の軌道は着々と進められており、次回切換区間は二子新地の中央林間方~溝の口の中央林間方になる公算が高そうで、そのタイミングは高津駅のホーム切換時期でしょう。

 気になる点としては、写真に映っていますが、外側線から内側への分岐が設置されていることでしょうか。

 計画配線図では二子玉川の中央林間方の片渡りをシーサスにすることにより、田園都市線、大井町線の双方が内側線、外側線に転線できるような形になっていましたが、ここに渡りが設けられるという事は、二子玉川の片渡りがそのままという可能性も出てきましたね。

 二子玉川にシーサスが無いと、田園都市線が内側線に入れなくなりますが、溝の口の中央林間方に渡りが設けられず、大井町線の留置線があることから、実質田園都市線が内側線に転線する必要は無いという判断なのかもしれません。

 大井町線の溝の口延伸が完成した際に、毎時4本が二子新地と高津に停車する事が駅の掲示で公表されていますから、この機能があれば良いという事なのでしょうね。

 面白くなってきました!!

Facebookコメント

コメントする

初めまして。田園都市線をよく使う者です。
いつも報告を楽しく拝見させていただいております。

二子玉川~溝の口、田都の下り電車は外側線のみとなりそうですね。大井町線が高津・二子新地に停車するのもおよそ10時~16時なので電車がつっかえる問題もないということなのでしょうね。下り外側線への切換は12月が目処らしいです。

気になるのは同区間の上り線ですね。溝の口の上り線渋谷方はシーサスになると聞いておりましたが、もし計画が変更されていれば下り線と似た配線になることもあり得ますね。二子玉川の渋谷方では立体交叉で入れ替えが可能ですが、果たして使うのでしょうか・・・。

初めまして。東横線沿線住民です。
梶が谷の工事進捗を見たくてたどり着きました。
冷静な考察と的確な着目点が、読んでいて興奮と充実感を味わえる素敵なブログですね。

溝の口南方下り線には確かに亘り線が設けられないのでしょうか。
確かに地図を見ると、駅からトンネルまでの区間に
亘り+留置シーサス+留置線+田都のトンネルアプローチ
は詰め込めないような気もしますが、この亘りがあるとないとではラッシュ時や
アクシデント時の捌き方がだいぶ変わると思います。
もし亘り線がないのがスペース不足が理由ならば、個人的に提案すると、
留置シーサスを亘り線より溝の口寄りにして、2番線先の留置線を有効長5両にすると
かなり楽に配置できるのではないでしょうか。
大井町線のラッシュ時ダイヤは急・緩・緩・緩・急…ですから、ちょうどよく
こなせると思います。

しかし溝の口から二子玉川までの区間でラッシュ時に実際、同一路線の追い抜きが
できるかというと、やはり距離の短さから無理と考えるのが普通ですかね…。
上りの二子玉川で急行がオタオタしてたら各停に追いつかれたなどと
現行の溝の口のような出来事が再現されそうです。

亘り線の話に戻りまして、ないとなると、夜の大井町線下り急行は外側線を通ることに
なるでしょうか。梶が谷入庫のためには回送か外側線を急行運転するかして
田園都市線に乗り入れなければならず。
せっかく副副線なのにホームを列車が通過するのは設備がもったいないですね。

ではでは。またお邪魔します。

ひとこと失礼します。

二子新地~溝の口は11月11日に新下り線に切り替わるそうです。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/306