2008年10月22日

2008年10月12日東急大井町線溝の口延伸工事調査(1)

081022.jpg

 2008年10月12日に東急大井町線の溝の口延伸工事状況調査をしましたので、2回に分けて報告します。

 その(1)として、溝の口駅から高津駅までの状況です。

081022_01.jpg
写真-1:溝の口駅ホーム状況

 下りホームが外側線に移設されて以降、ホーム部分は動きが無い感じになっていますが、前後区間の進捗に合わせて軌道の敷き直しが行われると思います。

 上りホームについてもホーム端部が仮設状態になっている範囲もあり、配線変更に伴い線形変更、それに合わせてホーム改修といった流れがありそうです。

081022_02.jpg
写真-2:ホーム仮設部状況

 この部分がその仮設状況にある部分ですが、よくよく軌道を見ると、ある部分からバラスト軌道になっており、今後移設が見込まれる範囲なのかと勘繰ったりします。

081022_03.jpg
写真-3:溝の口駅梶ヶ谷方状況

 梶ヶ谷方の上り線の分岐の先のあたりが長い範囲に渡ってバラストが袋詰めになっていました。

 線形改良が行われるのだと思いますが、あくまで今見えている範囲なのか、更に袋詰め区間が溝の口駅方に近づき、分岐の交換があったりするのか、この時点では分かりませんでした。

 興味深い部分だと思うんですけどね♪

081022_04.jpg
写真-4:溝の口駅高津方状況

 上り中線と下り中線の間に土留めが組まれており、下り中線のバラストを撤去して新しい構造の軌道を組みそうな予感です。

081022_05.jpg
写真-5:溝の口~高津間状況1

 大井町線部分になる中線の軌道敷設もかなり進んできており、駅間はほぼ完成系に近い状況になっていました。

081022_06.jpg
写真-6:溝の口~高津間状況2

 高津駅付近は分岐器の施工があるためか、駅間に比べるとやや遅れていました。

 まぁ、たいした差ではないですけどね。

081022_07.jpg
写真-7:溝の口~高津間状況3

 高津駅付近に設けられた中線~外側線の渡りです。上下とも同じ位置に組まれました!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/667