2009年8月31日

2009年8月29日京成金町線京成高砂駅付近工事調査(1)

090831.jpg

 2009年8月29日に京成金町線京成高砂駅付近の工事状況を調査してきましたので、報告します!!

 土木工事は大半が完了した印象で、それを受けて柴又方では高架化切換に向けた分岐挿入が行われているなど、軌道他工事も着々と進められていました。

 その(1)として、京成高砂駅付近の状況についてコメントします!!

090831_01.jpg


写真-1:金町線専用ホーム構築状況全景

 コンコースの窓から見たアングルです。

 金町線開業後はコンコースを挟んで本線と対面乗り継ぎの形になりますが、この状況から乗り換えイメージが想像できる感じでしょうか。

 手前の上家はラッチ内通路になるスペースで左側は駅施設になる部分です。

090831_02.jpg


写真-2:金町線専用ホーム構築状況ホーム部

 ホーム上家は組みあがっており、軌道を挟んで反対側には高欄も設けられていますね。

 建築の施工が一気に進められているのは、柴又方のアプローチ部分の施工がまだ完了しておらず、軌道工事にシフトできないためでしょうか?

 既設コンコース部分の取り合い等調整する部分が多く、施工量が多いから優先的に行っているのかもしれません。

 軌道や電気工事はこれからでしょう。

090831_03.jpg


写真-3:金町線ホーム構築状況概観1

 上り線側の線路脇を歩くと、防護・養生ネットで覆われた外観が見えます。

 今までは土木工事のため仮設物が組まれていましたが、それらが総て撤去され、すっきりした印象になりました。

090831_04.jpg


写真-4:金町線ホーム構築状況概観2

 線路脇のフェンスはまだ仮設のままになっています。

 最終段階で外こう復旧として一気に仕上げるのかと思われます。

090831_05.jpg


写真-5:金町線踏切横断部桁状況

 防音壁が取り付き、桁としての外観はほぼ出来上がっていますね。

 なかなかシンプルかつスレンダーな印象です!!

090831_06.jpg


写真-6:金町線駅部を下から見上げる!!

 いやぁ、出来てみると中々ゴツい印象もありますね。

 とは言え後付けで複々線スペースの上に1線しかも駅を作ってしまうのですから、非常に稀なシチュエーションと言えそうです。

 開業後ホームから本線を見下ろしてみたいです(笑)。

 その(2)に続きます!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/988