2009年8月29日

2009年8月29日京成押上線京成曳舟駅付近工事調査(1)

090829.jpg

 本日は土曜非番だったので、久しぶりにたっぷり工事調査をしてきました。来週から忙しくなりますので、ネタストックの意味合いもあります(苦笑)。

 <本日の調査メニュー>

 ・京成押上線京成押上駅付近工事調査(下り線8/28~29切換確認)
 ・京成金町線京成高砂駅付近工事調査(京成高砂~柴又間)
 ・新京成線北初富~初富間高架化工事調査
 ・北総鉄道工事調査(新鎌ヶ谷、東松戸他)

 まずは、京成押上線の京成曳舟駅付近工事調査の(1)ということで、押上~京成曳舟間の状況について報告します!!

090829_01.jpg
写真-1:押上~京成曳舟間状況1

 地下駅の押上から地上へのアプローチ区間を上がった直後部分の状況です。

 地上レベルになったところで踏切があり、そのまま東武亀戸線をオーバーラップするための盛土高架への更に上がっていきます。

 踏切部分から上下線とも木製覆工が敷かれており、工事区間の開始点であることが伺えます。

 京成曳舟駅が高架化されることについて、勾配という意味では亀戸線オーバーラップ部までほぼ同様になると思われ、このアプローチ部分はどの程度の改良が行われるのかがオイラの興味点です。

090829_02.jpg
写真-2:押上~京成曳舟間状況2

 東武伊勢崎線の線路が離れると、下り線脇に工事ヤードが見えてきます。

 アプローチ部分はまだ動きが少ないですが、新高架橋(上り線)への切換口確保の観点から現場を見ると、このあたりで上下線とも仮線に移設する必要があると思われ、下り線脇に仮線スペースを構築後、駅間の切換が実施されるのではないかと推測しています。

090829_03.jpg
写真-3:押上~京成曳舟間状況3

 この写真だと分かりづらいですが、左側に仮土留壁が構築されています。

 土留めと盛土の間を埋めれば仮線スペースが確保できそうです。

090829_04.jpg
写真-4:押上~京成曳舟間状況4

 東武亀戸線をオーバーラップすると下り勾配になりますが、このあたりは既に下り線脇にスペースが確保されています。

090829_05.jpg
写真-5:押上~京成曳舟間状況5

 切換口付近の状況です。

 曲線区間が切換口となったため、仮線のほうが線形がやや良い状況となりました。

 切換後の工事を踏まえて厳しい線形にならなかったのは、今後押上側の仮線化を行う際に、再度線形を変更するためかなと考えています。

 奥に見える信号設備があるのが若干引っかかりますが、仮フェンスのラインを考えると、この線形のままって事は無いような気がするんですよね。

090829_06.jpg
写真-6:押上~京成曳舟間状況6

 真新しい仮線を進むと、従来ホームと平行に仮設されたホームが見えてきます。

 仮ホームは直線かと思ったら、押上方がやや曲がっているようですね。

090829_07.jpg
写真-7:京成曳舟下り仮設ホーム状況

 仮下りホームは従来と同様の構造、ホーム幅になっています。

 ホーム面は養生マットが覆われた構造で、かなり仮設っぽい形状でした。

090829_08.jpg
写真-8:切換口付近状況

 駅側から切換口側を見たアングルです。

 前述の通り仮線の割に線形が綺麗ですが、今後このままとは思えません。

 押上方を再度切換えるなら、切換口はどうなるのか、どのような線形になるのか、要注目です!!

090829_09.jpg
写真-9:下り仮改札口全景

 改札口はギリギリのスペースに構築する必要から、従来改札口と似た簡易な構造になりました

090829_10.jpg
写真-10:下り仮改札口自動券売機設置状況

 自動改札機が2列やっと配置できるような場所なので、自動券売機がこんな形で並んでいます。

 なかなかこの配置は見られないと思います(笑)

-----

 八広方状況は、明日のその(2)に続きます!!

Facebookコメント

コメント

(コメントは管理人の承認制となっています。当サイトの管理基準により掲載しない場合もありますので、予めご了承ください。なお、頂いた内容については総て確認しています。)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/986