2009年11月21日

こども動物自然公園に行ってきました♪

091121.jpg

 3連休初日の今日は、相方と愛娘が行きたがっていた埼玉県高坂にある「こども動物自然公園」に訪れました。

 訪れるのは3回目ですが、今日はアンパンマンショーが催されるのと、通常有料施設のこどもの城が無料開放という事で、その2つを主軸にスタンプラリーをしつつ、コアラ等各動物を見て来ました。

 以下コメントです!!

091121_01.jpg
写真-1:アンパンマンショーを観る!!

 家を出るのが昼近くになってしまい、13時半のショーに間に合うかギリギリの移動でしたが、何とかショー開始のタイミングで現地に着くことができました。

 大きなステージで観覧席も多かったのですが、さすがお子様のヒーローのショーだけあって、超満員でした。

 何とか脇のスペースで見れる場所があったので、このアングルで楽しみました。

 バイキンマンが登場した時とアンパンマンの登場した時のお子様のテンションの違いがものすごくて笑ってしまいました。

 そうかぁ、やっぱり主役が人気なんですなぁ。

 ちなみに登場キャラクターはアンパンマンとメロンパンナちゃん、バイキンマンとドキンちゃん、かつぶしまんとばいきん大魔王の6体。

 お話はセオリー通り悪い奴を倒すサクセスストーリーであります。

 細かい矛盾は感じちゃダメだよね(苦笑)。

 とりあえずの感想としては、メロメロパンチがどんなもんか受けてみたいなぁ・・・かな♪

091121_02.jpg
写真-2:こどもの城

 園内中央の高台に位置している「こどもの城」です。

 別途入場料金100円がかかるという事で、別に高いわけでもないのですが、ここに入らずとも十分その他施設で楽しめる感じだったので敬遠していた施設であります。

 正直なところ中に何があるかも知らなかったのですが、先日届いていたパンフに内部施設が写っていて、愛娘が喜びそうな施設であることを知り、また今日は無料開放ということで、この機会は逃しちゃならんと訪れました♪

091121_03.jpg
写真-3:ボールプール

 愛娘が大好きなボールプールですが、持ち前のビビリが発揮されまして、オイラも相方も見放していたら、さっさと引き上げてしまいました。

 まぁ長居されても困るので、ちょうど良いタイミングではありましたけど(苦笑)。

091121_04.jpg
写真-4:玩具エリア

 城上部フロアにはプレイゾーンや読書スペースがありました。

 愛娘が最近はまっているパズル系知育玩具に手を伸ばしたため、しばらく見守りつつ遊ばせました。

 オイラもこの手のものが好きだったなぁという記憶が蘇りつつでしたが、相方曰く愛娘は相当父親になのでは?という、おそらく褒め言葉ではないほうの意味合いのお言葉を発しました。

 似てると言われて悪い気はしないけれども、何となく引っかかる感じ?(苦笑)。

 とは言え、オイラも愛娘は確実に自分の血を受け継いでいると感じる親バカさんであります。

 既に部屋でルービックキューブとか嵌っているし、将来有望ですかね??

091121_05.jpg
写真-5:コアラもしっかりチェック!!

 ここのコアラは13時のエサの時間が設定されており、そのタイミングであれば確実に活発な姿を見れる素敵な場所なのですが、今日は15時半ということでどうかなぁ~と思いつつ見ると、3匹中2匹は気持ち良さそうに寝ていました。

 しかし幸い1匹はもさっとした感じでしたが、モデルとしての最低の仕事はしていたようです(笑)。

 何度きても好感触の場所ですね。

 展示の仕方が上手いというのもあるのかもしれません。

 コアラを見たいなら、ここの昼過ぎがオススメです♪

091121_06.jpg
写真-6:コバトンの滑り台で楽しむ♪

 ここは基本動物園ですが、自然公園という名称から分かるとおり、子供の遊び場としての要素も大きい場所ですね。

 施設も少しずつ拡張・更新しているのがイベント等の開催状況から分かりますし、そういう部分はリピーター獲得につながっていると思います。

 実際我が家も3回目ですしね。

 スタンプラリーも定期的に変えているようで、前回とはデザインも配置も変わっていて、今日もバッチリ楽しめました。

 こういう遊びのセオリーが詰まっているのが大事な部分なんだろうなぁと感じた次第です。

 愛娘といえば、今日のテーマは「滑り台」だったようで、しこたま各所にある滑り台を楽しんでいました。

 コバトンという埼玉県のキャラクターの滑り台はかなり気に入ったようで、閉演間近に再度行きたがっていたのを諦めさせたほどです・・・

 また来ようね!!

 って言ってしまったので、また暫くしたら訪れたいと思います♪

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1071