2009年12月25日

コースター評価:ジェットコースター(別府ラクテンチ)

091225.jpg

 12月6日に別府にあるラクテンチのジェットコースターに乗ることが出来ました。

 タイプとしては、非常に古い形式のものでコースもシンプルなアップダウンのレイアウトになってありますが、設置ロケーションのよさから、なかなか興奮できる趣きのあるコースターであるという印象を受けました。

 そのあたりコメントできればと思います!!

091225_01.jpg
写真-1:乗り場状況

 ラクテンチ自体が山の上にあり、斜面に各施設を配置しているような状況のため、ジェットコースターの乗り場が周囲の通路と同一レベルなのが珍しいところかと思います。

 奥に見渡せる別府の景色がなんとも刺激的で、乗り込む前から興奮してしまいます!!

091225_02.jpg
写真-2:乗り場を反対側から見る!!

 ちなみにホームを反対側から見ると、こんな感じ。なかなかのロケーションでしょ?(笑)

 コースター車両は4両編成で、各車両6人乗りなので、合計24人です。一両ごとにカラーリングが異なるところが可愛くもあり、昔で言う未来っぽいフォルムもイカした感じですね!!

-----

 どこに乗っても良いようなので、オッサンは一人最後部に乗車してみました(苦笑)。

 大半は先頭部分に乗っているようでしたが、この別府の雄大な景色を見ながら駆け抜ける訳ですから、それもアリだなと思った次第です。

 2回乗る時間があったら、先頭も乗ってみたかったかも・・・(子供たち優先だから、無理かな)。

091225_03.jpg
写真-3:リフトアップ・巻上げ状況

 この通りリフトアップ高さはさほどでもありませんが、何度も言いますけれども、左側を望むと別府の街を見下ろす雄大な景色なのでありまして、相対的な高さが半端なく高く、かなりの迫力です。

 風も強く感じられると共に、それとは無関係であろう経年的な振動が相まってなんだか刺激的な瞬間でした。

091225_04.jpg
写真-4:ファーストドロップ状況

 リフトアップ後は緩やかな勾配で加速を付けながら、右旋回となります。

 ドロップという感じではないけれど一応ファーストドロップということで・・・

 古いタイプのコースターということもあり、バンク角度が殆ど無いなか旋回するため、外向きの遠心力が良い感じにかかり、加速が増していくなかけっこうなスリル感が味わえたりします。

 殆ど落ちていないのに不思議なものです。

091225_05.jpg
写真-5:旋回しながら上り勾配へ

 最初の旋回は270度近くありますが、その途中でファーストドロップから上り勾配に転じます。

 単純な曲線ではないため、加速のなかで乗り心地の変化が生み出されていてグーです!!

091225_06.jpg
写真-6:セカンドドロップに突入!!

 上り勾配ぎみに進むと、セカンドドロップに突入します。

 この突入部分が個人的には最も面白い部分であると捉えています。

 線形としてはファーストドロップ同様の緩やかな直線から左旋回していくというシンプルなものですが、別府市街を見下ろす形で突入していくようなシチュエーションがたまらないです。

 旋回もやや厳しめの曲線になっていて、横Gとレールの摩擦感たっぷりのスリルが一気に襲いかかります!!

091225_07.jpg
写真-7:セカンドドロップから上り勾配へ!!

 このあたりの景色が最高なのですが、うまく伝わらない感じ(苦笑)。

 加速が結構ついた状態から直線的な上り勾配となり、サードドロップとなります。

091225_08.jpg
写真-8:サードドロップに突入!!

 サードドロップはシンプルな直線的ドロップです。

 落下勾配は緩やかですが、見た目よりは刺激的だったかな。

 やっぱりロケーションが大きいのでしょう。

091225_09.jpg
写真-9:180度ちょいの旋回からフォースドロップへ!!

 小規模なサードドロップ語は緩やかな上り勾配区間を経て、ぐるっと180度ちょい右旋回となります。

 ほとんど勾配が無く、加速の勢いそのまま進んでいくような感じでしょうか。

 旋回部分は上にサイクルモノレールのレールがあり、シチュエーション的面白さも若干あります。

 そして旋回終了後すぐさまフォースドロップとなります。

 コース後半になっても地形状まだ下れるバッファがあるのは素晴らしいことです。

 ドロップ勾配はありませんが、ドロップ距離が長いため、最後のほうにしては素晴らしい加速感を見せます。

 なかなか良いです!!

091225_10.jpg
写真-10:長いドロップから急な上り勾配を経て終了!!

 フォースドロップ後の上り勾配は最終ホーム前のブレーキ要素の一面を見せるコース内で最も急な勾配になっています。

 ここで一気に減速して終了という感じです!!

091225_11.jpg
写真-11:最後にもう一度コースのロケーションを望む!!

 まとめとなりますが、このおよそジェットコースターを作るのには相応しくなさそうな地形条件の中、建設当時の技術で可能な限り面白いコースを作ろうという気合を感じることが出来る、味のある素敵なコースターだと思います。

 日立市かみね公園のシースルーコースターと似たような条件ですが、ゆえに印象も近い感じかな?

 さすがに古さはありますし、恐さという観点でみればさほど大したものでは無いのでしょうが、適度な恐さはこの遊園地に適していますし、なんといっても走行中の景色が素晴らしいことが最大の魅力ですね!!

 ぜひ皆様にも再出発したラクテンチに訪れていただき、このコースターに乗ってもらいたいです!!

-----

◆落下的スリル:★★☆☆☆(緩やか)
◆コース的スリル:★★★☆☆(適度)
◆爽快感:★★★☆☆(適度)
◆総合満足度:★★★☆☆(満足)

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1107