2010年6月21日

新宿三丁目駅のE10出口を試してみる!!

100621.jpg

 今日は仕事の関係で飲み会があったので、仕事を終わらせた後、個人的所要を済ませつつ地下鉄を乗り継いで会場を目指しました。

 最寄の駅は新宿というより新宿三丁目だったので、副都心線を利用することにした訳ですが、車内で見たメトロニュースを見ていたら、新宿三丁目のE10出口が使用開始されたとの記載を発見!!

 そういえば、まだ工事していた通路があったなぁ~と思い出し、会場に近いかどうかは抜きに(笑)、この出来たばかりの通路を使ってみることにしました。

=====
管理人より
=====

 今回使用開始されたのはE10出口のみでした。元記事ではE9を含めた書き方になっていましたため、訂正いたします。すみません。

100621_01.jpg
写真-1:構内案内図

 今回使用開始されたE10出口は新宿駅東南口・南口方面に伸びる通路で、既存の丸ノ内線側に位置する東口側出口、高島屋タイムズスクエア側の出口のちょうど中間位置をカバーする形になっています。

 副都心線の改札口からも近く、丸ノ内線との乗り換えが便利なため、徒歩で新宿駅を目指す人はそう多くないかもしれませんが、埼京線利用等南口を目指す場合などに使える通路になるのかな?と思ったりします。

100621_02.jpg
写真-2:E9・E10通路ルートの位置関係

 地図を見て分かるとおり、通路は甲州街道の真下に位置することになります。

 甲州街道は今JR交差部の桁架替工事が行われており、その関係でこの通路の使用開始が副都心線開業より遅れたような、そんな位置関係ですね。

 E10出口はまさにJRの東南口・南口ですね。

100621_03.jpg
写真-3:E9出口付近からE10出口方面の通路全景

 幅はそこそこある感じで、デザインの関係もあるのでしょうが地下通路ながら明るく感じます。

 にも関わらず通路が長く感じるのは直線という事もあるのでしょうが、人が殆ど居ないというメンタル的な理由もあるかもしれません。

 地下通路って若干賑わっているくらいのほうが安心感がありますよね。

100621_04.jpg
写真-4:E10出口状況

 E10出口部分はエスカレータ上下各1基、階段、エレベータがあります。

 通路の幅=(エスカレータ+階段)幅になっていて、エレベータ部分は拡幅されていることから、ある程度流動があることを想定した設計になっている模様です。

100621_05.jpg
写真-5:E10出口部分

 この通路は「新宿東南口地下歩道」という名称のようです。

 出口部分は周囲が仮フェンスに囲われていて、まだ工事途中のため、出口場所がどこだか分からない状況。

 とりあえず進んでみましょうか。

100621_06.jpg
写真-6:新宿駅東南口前広場に出ました!!

 暫く進むと、「ここかぁ」と一目で分かる、見慣れた景色に到着しました!!

 副都心線の改札口を出てから、ここまで徒歩で約5分少々。

 状況によって充分使える通路かと思います。

 オイラ自身も今後使えるときは使っていきたいと思います。

Facebookコメント

コメントする

私は出勤時京王線で新宿に到着し、ルミネ口経由で埼京線に乗り換え池袋を目指すのですが、山手線が運転見合わせで埼京線もホーム入場規制…などというときに、副都心線を利用します。以前は甲州街道(新宿通り?)上を歩いていきましたが、今度からは地下通路が使えそうですね。でも、E9出口って前からあったような気がするのですが。今度行ったら確認してみたいと思います。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1287