2011年3月29日

2011年3月20日相鉄線星川駅付近工事調査(2)

110329.jpg

 2011年3月20日に相鉄線星川駅付近の工事状況を調査しましたので、報告します!!

 その(2)として、星川駅部分の状況です。

110329_01.jpg
写真-1:星川駅下りホーム起点方状況

 起点方は本線と副本線間の柱が立っているのみで、外側部分は地上部分の変化が無いようです。

110329_02.jpg
写真-2:星川駅下り副本線部分状況

 視線を終点方に向けると、中間部分から終点方は高架橋の柱が建っているのが確認できます。 

 順次起点方に向かって架設が進められる感じでしょうか?

110329_03.jpg
写真-3:星川駅下り本線部分状況

 本線側、ホーム上の柱も同様に架設が完了しており、上部軌道階部分は線路横断方向の梁が繋がっていますね。

 コンコース階になるだろう部分は地上を走る建築限界に支障するため、線路横断方向の梁は未施工です。

110329_04.jpg
写真-4:星川駅下りホーム終点方状況

 終点方を見ると、架設された鉄骨の状況がよく分かります。

 こうしてみると駅部の直上高架工事という感じがしますね。

 地上線を微妙に切り替えて柱を架設できるようにするなど、仮線方式の高架工事とは異なることは分かるのですが、天王町側の状況を含めて工事ステップの読みが利かな感じ。

 だからこそ観察が面白いのですが(笑)。

110329_05.jpg
写真-5:星川駅橋上通路部分状況

 高架橋柱と現行の橋上通路との位置関係ですが、実に絶妙な配置になっています。

 高架ホームの構築と合わせて、現行の下り方面の階段を上り方面に切り替える形になるのかなぁと思うのですが、どうなんでしょう??

 また機会を見てチェックしたいと思います!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1579