2011年4月23日

2011年4月17日西武池袋線工事調査(7) 椎名町・江古田駅編

110423.jpg

 2011年4月17日に西武池袋線の工事状況調査をしました。

 ラストその(7)は、椎名町駅、江古田駅の改良工事状況についてです!!

110423_01.jpg
写真-1:椎名町駅改良工事概要掲示

 椎名町駅に掲示されていた工事概要です。

 最近改良された他駅と同様に橋上駅舎化、自由通路整備、駅施設改修の3本柱でありまして、山手通り交差部までホーム表示がされていることから、ホーム延伸もされることが確認できます。

110423_02.jpg
写真-2:椎名町駅改良工事概要(駅施設拡大)

 駅施設部分を拡大してみましょう。

 自由通路の機能が起点方、駅施設が終点方に配置されていることが分かります。

 池袋方が便利な位置ですので、利便性を考えれば反対のほうが良い様な気もしますが、従来施設の配置関係、自由通路の機能としての利便性を考慮した結果なのかなと思います。

 先頭車両の混雑緩和の観点では、このほうが都合が良いという面もあるのかな??

110423_03.jpg
写真-3:椎名町駅終点方状況

 続いて改良工事の状況ですが、駅大半部分の線路に木製覆工が敷かれ、重機械作業範囲が伺える状況になっています。

 ホームを見ると、東長崎他駅と同様のブロック製品がホーム端部に並べられており、再舗装により綺麗になる模様です。

110423_04.jpg
写真-4:椎名町駅中央部橋上駅舎構築部状況

 椎名町は改札口が地上にあったことから、既存の橋上通路の機能を残したまま新設の橋上駅舎工事が進められ、ほぼ従来流動を確保しながら一気に施工を進められるのは施工条件としては良い印象を受けます。

 一部の施設は大方完了状態になりつつも、機能がすべて出来上がらないと使用開始は出来ない状況ではありますが、上下線間の移動機能さえ出来てしまえば改札口が出来ていなくても部分的な使用開始は出来そうです。

 そうなれば現行の橋上通路は撤去が出来そうですが、はてさて・・・ 

110423_05.jpg
写真-5:椎名町駅起点方状況

 起点方のホーム延伸部分ですが、その範囲に木製覆工が敷き詰められているものの工事としてはまだ動いていません。

 江古田駅もそうですが、現行の機能としては必要ないものなので工事としては後回しという事でしょうね。

110423_06.jpg
写真-6:江古田駅終点方ホーム延伸部状況

 続いて江古田駅ですが、こちらは完成の報告という感じでしょうか。

 終点方のホーム延伸部分もこの通り綺麗に出来上がっていました!!

 ホーム改修が進んでいないなぁと前回調査で感じた部分は、実は地下横断通路がある部分だったようです。

 地下函体に既存より大きな荷重はかけられないので、その部分は桁構造にして飛ばしています。

 ん~、最後まで気づかなかった・・・

 まだまだ観察眼が甘いってことやね!!

110423_07.jpg
写真-7:江古田駅出口施設状況

 ラチ外の施設も完了したようです。

 工事で使用したヤードスペースはまだ更地ですが、今後遠くない時期に綺麗になるでしょう。

 これで江古田通いは完了っと♪♪

 椎名町駅は定期的にチェックしていこうと思います!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1604