2011年4月26日

2011年4月24日JR南武線稲城長沼駅付近工事調査(1)

110426.jpg

 2011年4月24日にJR南武線の稲城長沼駅付近の工事状況調査をしましたので、2回に分けて報告します。

 その(1)として、府中本町~矢野口間の駅間状況です!!


動画-1:府中本町~南多摩間状況

 切換口付近を含めて高架橋の構築は大方完了していますね。

 高架橋の柱からスラブに至るラインが曲線になっていて、景観を考慮した構造になっているのが分かります。

 すげー格好良いです♪


動画-2:南多摩~稲城長沼間状況

 ちょっと分かりづらいですが、所々見えるとおり高架橋は連続して出来上がっています。

 駅間部分はほぼ完成していると言っていいのではないかと思います。


動画-3:稲城長沼~矢野口間状況

 稲城長沼の矢野口方は線路脇の防護柵が無い部分が多く、高架橋構築状況がよく分かりますね。

 高架橋のデザインは南多摩付近と同様で、おそらく連続してこの形かと思います。

 仮アプローチを上ったところに分岐が挿入されており、これが次回切換時に必要な配線であることが読み取れます。

 次回切換は下り線が高架化されることになりますが、上り線は地上線のままなので上下線が離れることになります。

 現在駅の南多摩方で折り返しをしているのが出来なくなってしまうので、高架橋上の折り返し線から上り線側に向かうための配線なのかなぁ。

 この付近は複線ぶんの高架橋が組めているので、折り返し線が下り線とバッティングしないので、そんな感じになるのかなと考えています。

 その(2)に続きます!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1607