2011年6月21日

コースター評価 那須ハイランドパーク編(1)

110621.jpg

 GWに那須ハイランドパークで9種類のコースターに乗りましたので、簡単に評価コメントを残しておきたいと思います。

 その(1)は、エース的存在であると思われるF2(エフツー)についてです!!

 これだけ写真を撮る余裕があったので、写真多目です♪♪

110621_01.jpg
写真-1:リフトアップ巻上げ

 F2はインバーテッド、いわゆるぶら下がりタイプのコースターです。

 2人乗り10両編成なので、後方車両だと前方視界がやや悪くなりますが、2人乗りなので左右いずれかは見えるので、それなりにどこでも楽しめるという感じではあります。

 動きが激しいタイプのコースターなので、前方が分からない分の激しさはありますが、そのあたりは好みによるかもしれません。

 オイラは後方の乗り心地が好きなので、あえて後方に乗りたいかも・・・です(笑)。

 ちなみに今回は真ん中へんに乗りました。

 もちろん、十分楽しめましたぞ!!

-----

 乗り場を出発すると、すぐさまリフトアップ巻き上げとなります。

 一般的なコースターと異なり、足元視界が広がる感じはインバーテッドならではの刺激ですね!!

 巻き上げ速度は標準的な速さと言えそうです。

110621_02.jpg
写真-2:ファーストドロップ

 リフトアップから右旋回しながらファーストドロップとなります。

 直線的な落下よりは幾分ふんばりが利きますが、見た目以上に体感勾配は厳しく感じられるかもしれません。

 引き込まれるようなドロップは爽快感たっぷりです。

 それは、最初の水平ループに至るまでの水平方向の距離が一般的なコースターより長いからかもしれませんね。

110621_03.jpg
写真-3:垂直ループ+螺旋ループ(スクリュー)の合わせ技!!

 爽快なのはここまでで、最初の垂直ループから怒涛の連続攻撃?が待っています。

 まずは垂直ループ+螺旋ループ(スクリュー)1回転の合わせです。

 垂直ループで180度旋回して頂部に達すると体はやや浮いた状態になりますが、そこからスクリューに突入するので、体が横に持っていかれる感じになり、うげ~って唸る感じになります(笑)。

 よく分からん状態から下り水平ループになり、ああ一回転したんだなって分かったり!!

110621_04.jpg
写真-4:上り勾配から下り勾配へ

 水平ループが終わると、上り勾配から下り勾配へと繋がるキャメルバックとなります。

 キャメル頂点で体が浮いたところで高さのある下り勾配になるため、旋回の感覚が消えかかったところで一気に落っことされるような体感かなぁ?

 ナイスなドロップと言えるのかもしれません。

110621_05.jpg
写真-5:ドロップ下部のちょっとした景色的ギミック

 前述の下りドロップが素敵なのは、この最下部のシチュエーションも一つの要素と言えるかもしれません。

 写真-5の通り、最下部部分は地面がコースなりにえぐるようになっており、地面スレスレを通り過ぎる形になっているのです。

 周囲の地面は低いため、地形的な理由とは言えず、あえてこういうシチュエーションにしているものと思われ、ちょっとしたギミックだなぁと思ったり。

 ピレネーにもこういうのがあった記憶があるので、インバーテッド型の一つの醍醐味と言えるのかもしれませんね!!

110621_06.jpg
写真-6:垂直ループ半分から捻り旋回へ!!

 前述のギミックドロップから再び垂直ループで90度あがり、そこから捻るようにしてややドロップぎみに水平ループに転じていきます。

 線形は自然な形ですが、急なため動きは結構激しく、体はいい感じに揺さぶられます。

 いや、いい感じは越えたレベルかな(笑)。

110621_07.jpg
写真-7:水平ループは角度が凄いっ!!

 水平ドロップで体の向きがまともになるのは、この写真のタイミングくらいかな?

 すぐさまほぼ車体が真横になるような旋回が180度あり、そこから一気に螺旋スクリューへと突入します。

110621_08.jpg
写真-8:すぐさま螺旋ループ(2回転スクリュー)に突入!!

 最後の最後に激しい2回転スクリューとなります。

 激しい横Gが体にのしかかってきます。

 もう、このあたりはよく分からなくなっていますね。

 ただただ叫ぶって状況かな(笑)。

110621_09.jpg
写真-9:スクリューから180度旋回へ!!

 2回転スクリューがおわると、ドロップから180度旋回になります。

 まだ続くの?って感じですが、このあたりは爽快感が復活する感じです。

110621_10.jpg
写真-10:軽めのドロップからブレーキゾーンへ!!

 最後に軽めのドロップとなり、のぼり勾配からブレーキゾーンに突入してブレーキがかかります。

 ああ、終わった・・・

 そんな感想が持てる素敵な一瞬です!!

110621_11.jpg
写真-11:ブレーキゾーンからゆっくりと180度旋回で終了!!

 その後は、ゆっくりと180度旋回して乗り場に到着です。

 このブレークタイムが実にありがたいです。

-----

 比較的狭いスペースに見事に設定されたコースレイアウトが素晴らしいですね。

 狭さゆえに線形は急なため、連続的なギミックは経年劣化もあって比較的乱暴な挙動を示すのが正直なところではありますが、これも味ということで良いのではないかな?と思える楽しさがあると思うのです。

 連続乗りは厳しいですが、インバーテッドの一つの形を示した一品という事で、ぜひ体験してほしいと思います。

◆落下的スリル:★★★☆☆(適度)
◆コース的スリル:★★★★☆(良好)
◆爽快感:★★★☆☆(適度)
◆総合満足度:★★★☆☆(満足)

 我が生まれ故郷のエースコースターという事で、今後も残って欲しいです♪♪

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1666