2011年7月22日

2011年7月15日相鉄線工事調査(1) 動画確認編

110722.jpg

 2011年7月15日に相鉄線の工事状況調査をしましたので、報告します!!

 その(1)として、工事区間である西谷駅前後、星川駅前後区を動画にて確認してみたいと思います。


動画-1:鶴ヶ峰~西谷間前面展望

 まずは鶴ヶ峰~西谷間の状況です。

 先日直通関連の情報を仕入れた中で、「西谷駅引上線整備に関する説明会」のパンフ資料(pdfで閲覧可能です)により、西谷駅の鶴ヶ峰方に2本の引上線を構築することと、別資料で西谷駅直通線の勾配確保の観点から西谷駅の位置が25m移設されることが分かりました。

 引上線の延長は10両対応とのことで200m程度となりましょうか。

 西谷駅の2面4線は外側が直通線、内側が本線のため、引上線は本線の延長に設置されることになりますね。

-----

 そんなことでして、工事前の現場状況を見ておこうという事であります。

 現行の本線部分がそのまま引上線になるようで、両外側に新たな線路を構築するようです。

 その切換口はこの動画で言うところの1:00あたりになりますでしょうか。

 計画縦断面図を見ると、現行線=引上線よりも高いレールレベルになる模様で、勾配の関係ではなさそうな事から、アンダーパスの勾配を考慮したとか、そういう感じかなと推測しています。

 西谷駅の25m移設は、アプローチの距離を確保しつつ、現行の鶴ヶ峰側の1つ目の踏切は移設しない形の計画なのかなと思ったり。

 その次の踏切は引上線部分になるので、アンダーパス化かなぁと思うのですが、極力周辺の影響を少なくする形で努力しているような印象を受ける次第です。


動画-2:西谷~上星川間前面展望

 西谷~上星川間はおまけです。

 前回夕方であまり画質が良くなかったので、再挑戦!!

 こんどは下り列車が被ってしまいました(苦笑)・・・

 防護柵の設置他、準備工事が着々と進められていることは伺えますね!!


動画-3:和田町~天王町間前面展望

 続いて星川駅付近の状況です。

 駅部については別にコメントするとして、今日は駅間部分についてです。

 まず和田町側ですが、高架橋の柱構築が進められており、アプローチ部分も橋台?らしきものが踏切脇に見えるかな?

 次に天王町方ですが、こちらは柱が一部はっきりと見える状況になっていますね。

 踏切部分の橋台の仮線側に増し打ちするような形跡があることから、スペース上最終形状まで持っていけないことが分かります。

 下り線高架化後に追加構築でしょうか。

 今日は以上です!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1701