2011年7月28日

2011年7月23日東急東横線ホーム延伸工事調査

110728.jpg

 2011年7月23日に東急東横線のホーム延伸工事調査をしましたので、報告します!!

 今回の対象駅は中目黒、多摩川、武蔵小杉の3駅です。

 以下、コメントです。

110728_01.jpg
写真-1:中目黒駅下りホーム終点方状況

 中目黒駅ですが、上下ホームとも終点方のホーム延伸に支障していた施設が撤去され、ホーム桁の構築が開始されています。

 下りホームについては基礎支柱と桁が構築されており、ホームの姿がイメージできる状況になっています。 

 日比谷線側はホーム延伸の必要が無いので、ホームは日比谷線側から若干離れていますね。

 東横線側の高架橋の拡幅があることから、若干の線路移設があるはずで、それと合わせて整備する部分もあるようなので、この後一気に進むのかどうか分かりません。

110728_02.jpg
写真-2:中目黒駅上りホーム終点方状況

 上りホームは支柱が立っています。

 こちらは単純なホーム延伸のみなので、着々と進んでいくのかな?

 延伸量が下りほど長くなく、日比谷線側のホームも構築して停止位置を変更することもありそうな雰囲気ですね。

110728_03.jpg
写真-3:多摩川駅起点方ホーム延伸状況全景

 多摩川駅(前回の調査時に失念しました・・・、多摩川もホーム延伸対象でした・・・)については、改良工事段階でホーム延伸スペースを確保していたようで、起点方スペースに2両ぶんのホームを構築しています。

110728_04.jpg
写真-4:多摩川駅下りホーム起点方状況

 型枠と配筋が行われており、近いうちにコンクリート打設という状況でしょうか。

 自由が丘と同様の構造で、ある程度ホーム延伸を想定できていた駅はこの形という事なのでしょうかね?

110728_05.jpg
写真-5:武蔵小杉駅起点方ホーム延伸状況

 武蔵小杉駅については前回報告した状況ですが、工事が進捗したためか、下りホームの上家構築の足場が外れて、状況が見やすくなりました。

110728_06.jpg
写真-6:武蔵小杉駅下りホーム起点方状況

 ホームのイメージが持てますね。

 こうして見るとホーム幅もけっこうあります。

 目黒線側は柵を構築すべく、その基礎工事を行っているようです。

 今回の報告は以上です!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1707