2012年4月27日

2012年4月15日JR吉川美南駅施設調査(2) コンコース階編

120427.jpg

 2012年4月15日にJR吉川美南駅施設調査をしましたので、複数回に分けて報告します!!

 その(2)として、コンコース階編です。

 以下、コメントです!!

120427_01.jpg
写真-1:改札口全景

 改札口は自由通路に面する形で設置され、有人改札+5列(幅広通路1列)となっています。

 規模は一般的なものかと思われ、当面の需要に対応できるものかと考えます。

120427_02.jpg
写真-2:改札内コンコース全景

 改札口を入ると、幾分進んだところから昇降設備に繋がるレイアウトは自由通路を含む橋上駅舎の標準レイアウトと言えましょう。

 上部にはLED案内板が方面別に2台設置され、方面別に2列車ずつ表示しています。

 発車番線表記があるので、一部列車が両方向とも2番線を使用するケース、また臨時列車や異常時対応においても必要な表記はなされるでしょう。

120427_03.jpg
写真-3:階段状況

 階段降り口付近の状況です。

 周囲と区別するため、木目調の材料で門型に覆っています。

 こちらは府中本町方面の階段ですが、番線表示は3番とその下にカッコ書きで2番が表示されています。

120427_04.jpg
写真-4:エレベーターとエスカレーター状況

 エレベーターとエスカレーター降り口付近の状況です。

 エスカレーター降り口のデザインは階段と同様になっていますね。

 エレベーターは入口は階段側になりますが、案内は側面上部に大きく示されていて、分かりやすくなっています。

120427_05.jpg
写真-5:トイレ状況

 トイレは改札を入ってすぐ左側に配置されています。

 女子トイレ、男子トイレ、多機能トイレが並んだレイアウトですね。

 必要な規模で施設が構築されているためか、駅舎デザイン上の天井まで多くことなく、独立した施設のようになっています。

120427_06.jpg
写真-6:自動清算機状況

 自動清算機は有人改札に隣接した位置に2台分のスペースが用意され、現時点では1台が配置されていました。

120427_07.jpg
写真-7:自動券売機状況

 自動券売機は4台が設置されており、通常タイプ2台、定期券購入タイプ1台、特急券購入タイプ1台という必要な機能を有する構成になっていました。

 比較的少な目かもしれませんが、ICカード普及率を考えると、この程度かなとも思います。

 その(3)に続きます!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1981