2012年8月29日

東京メトロ押上駅の新設通路を通ってみる!!

120829.jpg

 夜所用があって押上駅を利用したので、スカイツリー開業に伴って新設された新設通路を通ってみましたので、軽くコメントしておきたいと思います。

 スカイツリー最寄駅として、業平橋改めとうきょうスカイツリー駅と共に変化を遂げた押上駅ですが、なんか賑わっていて、本当に雰囲気が変わった感じです。

 以下、コメントです!!

120829_01.jpg
写真-1:東京スカイツリータウン方面通路全景

 半蔵門線の改札口と浅草線・京成線の改札口を繋ぐ連絡通路の中間位置に、90度曲がる形で東京スカイツリータウン方面への通路が新設されました。

 通路幅は広く、半蔵門線側、浅草線・京成線側両方の流動を吸収できる感じです。

 幾分進むと扉があり、地下通路とスカイツリータウンの境になっているようです。

 出口に出る通路という扱いでは無いようで、既存のB1~B3出口のような出口番号はつけられておらず、方面表記になっていますね。

120829_02.jpg
写真-2:地下コンコース階から地上方面へのエスカ状況

 扉を越えて、スカイツリータウンゾーンに入ると急に上部の天井が広がります。

 長いエスカレーターを2つ乗り継いで地上に出る形でした。

 一体化された感じになっており、押上駅もとうきょうスカイツリー駅とともに最寄駅の貫録です!!

120829_03.jpg
写真-3:B3出口状況

 上記連絡通路は既存のB3出口に近いため、どういう位置づけになったのか確認してみたところ、B3出口の案内板の下に東京スカイツリータウンという表記が追記されていました。

 混雑分散上こちらの通路も利用してほしいという事なのかと思います。

120829_04.jpg
写真-4:B3出口地上部状況

 B3出口地上階については、東京スカイツリータウンのすぐ脇に位置しており、このルートも便利な経路と言えそうです。

 外観は周囲と合わせてリニューアル化され、イメージが一新されていました。

 簡単ですが、以上です!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/2105