2013年8月23日

2013年8月4日京急大師線港町駅施設調査(2) 下り線編

130823.jpg

 2013年8月4日に京急大師線港街駅の施設状況を調査しましたので、報告します。

 その(2)として下り線ホーム側施設です。

 以下、コメントです!!

130823_01.jpg
写真-1:北口駅舎全景

 駅付近に建設されているトリプルタワーマンション「リヴァイエ」3棟のうち1棟目の入居に合わせてオープンした北口です。

 規模は南口と比べて幾分コンパクトですが、新設改札口なので適度な規模なのかなとは思います。

 券売機は2台設置されています。

130823_02.jpg
写真-2:駅構内施設案内図

 北口側の施設配置は少々特殊なので、この構内図でレイアウトを示します。

 用地の関係もあるのか分かりませんが、上りホーム2番線側の施設が真ん中にあるのに対して、下りホーム1番線側の施設は京急川崎方に寄っています。

 こ線橋の位置に合わせてエスカレーターと階段が京急川崎方に寄っているため、北口の改札を入ると目の前の階段を上がってホームを京急川崎方に進むか、改札を入ってすぐ右側の通路を進むかして、Uターンしてエスカレーター・階段を利用する形になります。

 エレベーターの位置は改札口付近に配置されているため、その意味では考えた施設配置と言えましょうか。

130823_03.jpg
写真-3:北口改札全景

 北口改札を改札内コンコース側から見た状況です。

 改札は3列あり、うち1列は幅広タイプですね。

130823_04.jpg
写真-4:下りホームから北口改札側を望む

 改札口を入ると、すぐさま正面に下りホームへの階段が数段あります。

 スロープはスペースの関係かありません。

130823_05.jpg
写真-5:エレベーター(改札階)状況

 エレベーターの状況です。

 北口改札のある地上階、下りホーム階、こ線橋階を結ぶ3層タイプです。

130823_06.jpg
写真-6:改札・ホーム間通路状況

 北口改札を入りホームを介さないで上り方面のエスカレーター・階段に向かう通路状況です。

 スペースの関係か決して広くはありませんが、ホームを介したルートもあるので、2ルート足せばエスカレーターと階段の幅相当にはなる感じですね。

130823_07.jpg
写真-7:2番線・南口改札方面エレベーター・階段状況

 エスカレーターと階段の状況です。

 エスカレーターは1人用幅になっており、階段幅は上りホーム側と同等幅になっています。

 エスカレーターが下りホーム側にしかないのも不思議な感じですが、上りホーム側はエスカレーターを設置すると階段が必要幅確保できない感じであり、設置可能な下りホーム側だけ設置したのかなと思う次第です。

 新設の北口側視点で考えると、京急川崎方面利用時に上りはエスカレーターが使える形であり、南口側視点で考えても、京急川崎に向かう場合は階段数段、京急川崎からの場合はエスカレーターが利用できるので、そういう意味では上手く出来ている感じかな。

130823_08.jpg
写真-8:ホーム状況(小島新田方を望む)

 ホームも綺麗に整備され、小島新田方は膜屋根タイプの上家が設けられており、駅全体が綺麗になったなぁというのが率直な印象であります。

 今後駅の利用も増えるでしょうし、楽しみなところですね!!

 ・・・なんか大師線の別線区間となる地下化は無くても良いかなぁと思う今日この頃です。

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/2465