2014年1月29日

2014年1月14日京急大森町駅施設調査

140129.JPG

 2014年1月14日に京急大森町駅の施設調査をしましたので、報告します。

 先日赤散歩の際に報告しましたが、本設の駅舎が使用開始になりましたので、使用開始施設を確認したいと思います!!

 以下、コメントです。

140129_01.JPG
写真-1:改札口付近状況

 使用開始された本設の改札口付近の状況です。

 自動改札数は5列で、その内1通路は幅広タイプになっています。

 移動円滑化経路はガラスで覆われた有人改札を通る形になっていますね。

 なお、仮駅施設があった写真左側(上り線側)は本設の外装仕上げが出来ず、仮フェンスで仕切っている状況です。

140129_02.JPG
写真-2:自動券売機状況

 自動券売機は3台設置されています。

 きっぷ購入タイプが2台、きっぷ購入と定期券購入ができるタイプ(ピンク色に光っている右側のもの)が1台という内訳です。

140129_03.JPG
写真-3:トイレ状況

 改札を入って右側(下り線側)にトイレが設置されています。

 高架橋の丸い柱があるため、避けたレイアウトになっているのが良く分かる感じですが、改札側に女子トイレ、反対側に男子トイレが配置され、その真ん中に多機能トイレがうまい感じに配置されていますね。

 また、トイレと有人窓口の間に精算機が1台設置されています。

140129_04.JPG
写真-4:コンコース内全景

 改札内コンコースの全景です。

 前述の通り、改札を入るとトイレ等が配置されており、昇降設備はやや離れた位置となります。

 レイアウト上の配置といった感じですが、最近はこのようにコンコース空間を確保している例が多いように思うので、基本フォーマットなのかなあと思うところです。

140129_05.JPG
写真-5:エスカレーター、エレベーター状況

 昇降設備は改札口側から見て、手前にエスカレーター、真ん中にエレベーター、奥に階段という配置になります。

 エスカレーターは2人用幅タイプが2基設置されており、エレベーターは標準的なものが設置されていますね。

140129_06.JPG
写真-6:階段状況

 階段は少々珍しい形状になっていて、中層踊り場を介してL字型の形状になっています。

 階段設置可能な範囲の制約上、エレベーターとの位置関係でこのような処理をする必要があったものと思われます。

 とは言え必要な幅はあるようですし、改札口から遠い側という事もあり、それなりの利用に収まりましょうし、全体的に見てうまく配置されているなと思うところです。

 改めて6両編成仕様の駅なんだなぁと感じますね!!

 以上です。

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/2626