2014年2月22日

2014年1月20日 京王線施設調査(5) 調布~国領間地上部編

140222.jpg

 2014年1月20日に京王線調布駅付近地下化工事に伴う使用開始した施設調査をしましたので、複数回に分けて報告します。

 ラストその(5)として、調布~国領間の駅周辺地上状況と国領口アプローチの確認です!!

 以下、コメントです。

140222_01.jpg
写真-1:調布駅広場口付近地上部状況

 調布駅の中央口、東口付近は先日報告しましたとおり、地下函体の上部がむき出しな感じですが、広場口付近は表層の整地が行われており、手が入っている状況です。

 進捗から見て、やはりこの付近から仕上げが行われていくのかなぁといったところです。

140222_02.jpg
写真-2:布田駅終点方前付近地上部状況

 布田駅終点方ですが、アスファルトで整地された状況になっています。

 この部分には駅前広場が整備される計画になっており、その計画イラストを見る限りバスやタクシー乗り場が設けられるようです。

140222_03.jpg
写真-3:布田駅起点方付近地上部状況

 起点方については線路敷地上部を含めて一体が舗装された状況になっており、敷地境界柵付近に自転車置き場が設けられています。

 使用計画は分かりませんが、この状況から見て自転車駐輪場が本設で整備されて、それを受けて道路整備という感じがします。

140222_04.jpg
写真-4:国領駅終点方付近地上部状況

 国領駅終点方の状況です。

 布田駅と同様にアスファルト舗装がなされた状態で、今後駅前広場整備が行われます。

 計画イラストを見るとレイアウトは異なるものの布田駅と同様の施設整備が行われるようですね。

140222_05.jpg
写真-5:国領駅起点方付近地上部状況

 起点方は地下函体は土砂等で埋められている状況ですが、まだ仕上げはこれからといったところです。

140222_06.jpg
写真-6:国領駅アプローチ部構造物状況

 アプローチ部の地上付近の状況ですが、地下から地上に至るアプローチ部分は構造物が他箇所より高くなるため、構造物が目視できる状況にあります。

 構造物は完成していて、周辺の仕上げが残っているだけですね。

140222_07.jpg
写真-7:国領駅アプローチ部全景

 アプローチ部の状況ですが、構造物の側壁部分を含めて仕上げまで完成しています。

140222_08.jpg
写真-8:国領駅アプローチ部地上付近状況

 地上部は他の仕上げと絡む部分もあり、外こう設備たる柵等はまだ仮設状況です。

 他周辺箇所の整備と合わせてというところもあるので、そのタイミングで整備されるかなぁといったところです。

 今回の京王線施設調査は以上です!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/2652