2014年4月22日

2014年4月19日相鉄線工事調査(3) 星川駅編

140422.jpg

 2014年4月19日に相鉄線の工事状況調査をしましたので、複数回に分けて報告します!!

 その(3)として 星川駅の状況です。

 以下、コメントです。

140422_01.jpg
写真-1:星川駅高架橋と仮設駅舎との位置関係

 星川駅部ですが、仮設こ線橋(構内通路および自由通路)が高架橋の2層目に位置するような形になっており、なんていうか見事に新設構造物が構築できている状況です。

 高架化切換時の通路をどのように構築するのか気になっていましたが、この状況だと通路を少々構築することで下りホームへの階段部分を細工してアクセスルートが構築できるかもしれません。

 アングル上高架橋の昇降設備位置が確認できなかったので、あくまで雰囲気からの推測・・・

140422_02.jpg
写真-2:星川駅高架橋駅外観

 終点方は建築外装の足場が外れており、ホーム階まわりの外装が完成状態にあることが確認できます。

 下層は整備がこれからなので、このようなアンバランスな状況ですが、ガラス多様のデザインがなかなかシャープで格好良い感じです。

 ホーム階の下層は地上施設が撤去されないと構築できない梁があるため整備はまだ先ですから当面この状況のままという事になりますね。

140422_03.jpg
写真-3:星川駅付近高架橋状況1

 星川駅の終点方ですが、高架橋は高欄も含めて完成状態にあり、起点方よりも一段進んだ状況になっています。

140422_04.jpg
写真-4:星川駅付近高架橋状況2

 駅部高架橋を終点方から望んだ状況です。

 地上の作業ヤードが広く取れる場所で、工事の進捗が早い区間と言えましょう。

140422_05.jpg
写真-3:星川駅付近高架橋状況3

 終点方は複線高架橋が構築できるスペースがあり、複線の桁式高架橋が構築されているのが特徴です。

 起点方とはまた雰囲気が異なっていますが、なかなか格好いい景観であります!!

 その(4)に続く。

Facebookコメント

コメント

(コメントは管理人の承認制となっています。当サイトの管理基準により掲載しない場合もありますので、予めご了承ください。なお、頂いた内容については総て確認しています。)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/2711