2014年6月26日

2014年6月19日東急東横線工事調査(2) 異常時対応施設整備編2

140626.jpg

 2014年6月19日に東急東横線工事調査をしましたので、複数回に分けて報告します。

 その(2)として、都立大学駅の異常時対応施設整備状況の確認をしました。

 以下、コメントです。

140626_01.jpg
写真-1:上り線側状況

 踏面も電架柱まわり以外は敷設が完了し、柵も支柱の設置が完了した状況にあります。

 随分と施工が進んだ印象ですね!!

140626_02.jpg
写真-2:下り線側状況

 下り線も上り線と同様の状況です。

 柵が完成しているかのように見えますが、あくまで工事用の落下防止柵が仮設置されているだけですね。

140626_03.jpg
写真-3:上り線側外観状況

 高架区間のため、高欄をまたぐ形で整備される事が計画図から読み取れましたが、基礎の構造がどうなるのか気になっていたので、トライアングルチケットのフリー区間という事もあり下車して周囲を確認してみました。

 ご覧の通り、外側は高架橋側面にアンカーを打ち込んでブラケットを設けて基礎を支える構造になっていますね。

140626_04.jpg
写真-4:下り線側外観状況

 下り線も上り線側と同様の状況です。

 電架柱を避ける部分がどの駅もネックになっているようですが、単に製作上の手間なだけで構造云々では無いでしょうから、時間が解決してくれるでしょうね。

 都立大学駅も概ね完成が見えてきました!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/2776