2014年6月29日

赤散歩 その(11) 京急田浦~横須賀中央間

140629.jpg

 赤散歩11回目は京急田浦~横須賀中央間でした。

 ゴールの浦賀が見えてきた感じでありますが、地形の起伏があるエリアでやっぱり予想以上の散歩となっています。

 以下、感想です♪♪

140629_01.jpg
写真-1:京急田浦駅を出発です!!

 前回、京急田浦~安針塚駅付近の地図を見て、この先は楽じゃ無さそうだなぁ~と感じていたので、気合を入れてスタートです♪

 地形は辛くありませんが、線路が丘陵地をトンネル等で突き抜ける形で近接道路が無いので、沿線を歩く感じじゃない区間なんですよね。

 駅間の半分がトンネルという状況では、線路がまったく見えませんが、まぁ頑張って歩きましょう!!

140629_02.jpg
写真-2:安針塚駅付近に到着!!

 横須賀街道を進んでいくスタンスは変わりません。

 京急田浦から暫くは片側2車線の道路なのですが、途中から2方面の道路が完全に離れる珍しい区間となります。

 道路拡張の歴史において地形上ルートを離す必要があったとか、そういった理由かと思いますが、2車線が一方通行なので、周辺地形も相まって独特な雰囲気です。

 道路もトンネルが多く、トンネル好きにはたまらない区間ではありました(笑)。

 んで、再び4車線に戻った所に安針塚駅入り口の看板があります。

 300m先という案内掲示はなかなか無いタイプですね。

 それだけ安針塚駅のロケーションが独特という事かと思う次第です。

140629_03.jpg
写真-3:安針塚駅改札口状況

 安針塚駅はトップ写真の通り、予想以上に格好良い駅でした。

 バリアフリー施設も整備されており、施設的には必要なものが揃っています。

 前後のトンネルに囲まれた「ここにしか設置できない」ロケーションにあるのが土木屋的に萌える駅と言えますね。

 駅付近にはエレベーター付きのマンションもあるようですし、なかなかの場所です!!

140629_04.jpg
写真-4:逸見駅は絶賛改良工事中!!

 安針塚~逸見間も横須賀街道を進む形しかなく、淡々と進みました。

 トンネルが多いのは京急田浦~安針塚間と同様ですが、逸見駅に近づいてい来ると横須賀付近の市街地の根本というか、少し周辺が拓けた感じになってきて、散歩としてはホッとします。

 逸見駅も横須賀街道からは離れているので、枝の道路を進んで逸見駅に到着です。

 逸見駅は駅改良工事中のため改札外の状況調査をしつつ、再び散歩スタートです!!

140629_05.jpg
写真-5:逸見~汐入間は散歩の難所(苦笑)

 逸見~汐入間は今までの区間と異なり、線路に近接した細い道を進んでいけば、横須賀街道を使わなくても行けそうな雰囲気・・・

 この判断がこの後の山登りに繋がるのであります(苦笑)。

 平面の地図では分からない現場の醍醐味ここにありといった感じで、予想以上に地形の起伏があるのはまだ良いとして、ありえないくらい道幅が狭いのにはビックリしました。

 照明の無い山道かつ対面通行が出来ないくらいの通路を進む状況は、何とも言えないです・・・

 まぁ、見下ろす景色は綺麗でしたし、結果楽しかったですけども(笑)♪

 汗だくになってしまったのも終わってしまえば良い思い出です!!

140629_06.jpg
写真-6:このあたりの地下にJR横須賀線のトンネルが・・・

 そうそう、逸見~汐入間にはJR横須賀線のトンネルが京急のトンネルと交差する部分があります。

 山岳トンネル同士の交差はなかなか珍しいように思えますが、色々な歴史や理由があるのでしょうかね?

 地図で確認すると、このあたりの真下にJR横須賀線のトンネルがある筈ですが、まったくオーラが感じられない現地でありました。

140629_07.jpg
写真-7:やっとこさ汐入駅に到着!!

 汐入駅に到着して、初めてこの散歩でゴールのイメージが持てた感じ。

 横須賀中央まで進めば、次回が楽になるなという事であと1駅頑張ることにしました。

140629_08.jpg
写真-8:横須賀中央駅に到着。本日は終了です!!

 汐入から横須賀中央までは横須賀街道から1本外れた裏路地を進んでいきましたが、なんていうか異国の地の雰囲気。

 米軍基地があるというロケーションからこういう街になっているのですね。

 夜ですからアフターファイブばりな感じが街全体に漂っていて、なんかワクワクする感じでした。

 そんなこんなで横須賀中央駅に到着。

 あと1回で終点の浦賀まで行けそう・・・

 次回で勝負をつけますね!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/2779