2014年7月23日

2014年7月21日JR品川駅改良工事調査(1)

140723.jpg

 2014年7月21日にJR品川駅の改良工事状況を調査しましたので2回に分けて報告します。

 その(1)として、8番線の状況です。

 以下、コメントです。

140723_01.jpg
写真-1:ホーム起点方状況1

 9・10番ホームから確認していますが、7・8番ホームは位置がやや起点寄りになっているのが確認できます。

 新たなホーム構築は上家の構築まで進んでおり、駅施設としてのイメージが出来る程度になっていますね。

 8番線の軌道も敷設されています。

140723_02.jpg
写真-2:ホーム起点方状況2

 幾分ホーム中央側に視点を変えてみます。

 ホーム面については舗装等の仕上げは行われていませんが、上家の材料等の設置が完了してからになるものと思われ、しばらくは上家の構築が進んでいくものと思います。

 なお、ホーム中央部に行けばいくほど8番線と9番線が近づいていく線形になっています。

140723_03.jpg
写真-3:既設通路への階段構築状況

 既設通路からの階段等の施工も進んでおり、支持桁等が組まれています。

 既設の通路はまだ外装が確認できる状況で、今後壁壊し・接続等が行われていきましょう。

140723_04.jpg
写真-4:ホーム中央部状況1

 ホーム中央部に進むと、元々のホームがあった部分の改修エリアとなります。

 軌道についてもマクラギとレールがざっくり置かれている状況です。

 前後の進捗と合わせてといったところでしょうか。

140723_05.jpg
写真-5:ホーム中央部状況2

 既設ホーム部分と言いましたが、ホーム端部は新しいホーム端部用の「コの字型」ブロックが配置されており、あくまで新規にホームを構築しているのが分かります。

 このブロックが設置されたのち、軌道が敷設されるのかなと思うところです。

140723_06.jpg
写真-6:ホーム終点方状況

 ホーム終点方の状況は1両分程度が桁式のホーム構造で、後は既存構造の延長となる盛土および端部ブロックの構造になっているのが確認できます。

 上家や階段の構築は起点方と同様の状況と言えましょう。

 その(2)に続きます!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/2804