2014年7月25日

群馬サファリパークで遊びました!!

140725.jpg

 今日から1泊2日で夏の家族旅行に出かけてきました。

 愛娘を遊ばせる事が主目的ですが、若干のオイラの趣味探求が含まれているのは例によって・・・です(笑)。

 本日の目的地は群馬サファリパークです♪♪

 なかなか楽しめましたので、そのあたりの魅力をお伝えしたいと思います。

 以下、コメントです。

140725_01.jpg
写真-1:楽しみ方は5通りあります♪♪

 移動ですが、前日まで仕事バリバリだったので9時半過ぎに埼玉を出発する形でした。

 川越インターから関越自動車道・上信越自動車道ルートを使い富岡インターで降りて、10分くらい一般道を通って群馬サファリパークに到着です。

 だいたい1時間半程度の道のりですが、そこは旅行ですので高速のサービスエリアに立ち寄ったりして、2時間程度でしたかね!!

 現地に到着して、まずしたことはバスの予約です。

 写真-1の通り、サファリパークの遊び方は5通りあり、マイカー利用(ガイドラジオ代500円)、サファリバス(1人500円)、エサバス(1人1,300円)、レインジャーツアー(1人1,300円)、レンタカー(1台2,000円~/時間)となっています。

 これは移動に対する乗車料金で、別に大人2,700円、子供1,400円の入場料がかかります。

 が、なんと埼玉県人向けの半額キャンペーン(期間限定)がありまして、免許証提示で入場料が半額になります(事前に知っていました!!)。

 この半額割引効果が大きかったので、その分は楽しみに投資したいと思い、今回はエサバスのコースをチョイスしました。

 サファリバスとエサバスの違いは、動物にエサをあげることが出来るかどうかの差でして、その行為をどう捉えるかという事になりますが、夏休みの思い出ですし、ここはエサバスがオススメかなぁと思うところです。

140725_02.jpg
写真-2:バス等の運行時刻表

 サファリバス、エサバス、レインジャー等スタッフさんが運転する乗り物については時刻表があり、定員があることから、すでに満員の場合は時刻表に満員と標記がされます。

 夏休み期間という事で、金曜日でしたが運行は結構あります。

 日によって設定は異なりましょうが、本数はサファリバスよりエサバスりのほうが多く、概ね毎時2本(00分、30分発)の設定です。

 到着したのは12時ちょっと前でしたが、この段階で12時半のバスまで満員の標記でした。

 しかし、窓口で人数を伝えると、12時半のバスに乗れるとのこと。

 ラッキーという事で、30分は時間が過ごせるだろうことから予約を完了した次第です。

140725_03.jpg
写真-3:エサバス・ライオン号に乗る♪♪

 ブラブラしていたらあっという間に30分経ち、エサバス・ライオン号に乗ります。

 なんと素晴らしいデザインのバスでしょうか。

 テンションが高まりますね!!

140725_04.jpg
写真-4:草をあげる

 エサやりは草食動物に対して草、肉食動物に対して肉という2コースです。

 まずは草食動物ゾーンという事で、渡された草をあげる形になります。

 バスの中の座席は長い座席が両外側に向いて配置されており、側面部つまり座席から見ると正面に一定間隔でアクリルの扉があり、そこから外にエサを出すと、動物が来て食べるという仕組みです。

 扉の奥には鉄の網があるため、がぶりとやられることは無い状況です。

 愛娘はビビりつつあげていたけどね(笑)。

140725_05.jpg
写真-5:ウォーキングサファリゾーンで楽しむ♪♪

 所要1時間20分から30分のエサバスツアーですが、真ん中の30分にサファリパーク内のウォーキングゾーンを楽しむ時間があります。

 この部分は他の移動手段でも楽しむことができ、マイカーだと滞在時間を気にせずフリーで回れるのは良いかもしれません。

 ヤギのエサやりや小動物に触ることができるため、お子様には楽しいゾーンでしょうね。

 ツアーですと限られた時間となってしまいますが、まぁ考えられたツアーという事もあってか、与えられた時間で十分回ることが出来たので、満足でした♪♪

140725_06.jpg
写真-6:バスに戻るとに、肉が準備されています!!

 ウォーキングサファリゾーンから戻ると、後半の肉食動物、そうライオンにエサを与える準備として、座席そばの床に肉が準備されていました。

 一人肉2ブロックです。

 スタッフさんの説明だと、人も食べれるものをあげるとのこと。

 確かに美味しそうです!!

 このごっつり肉掴みを使ってライオンにエサをあげることになります。

 ワクワクしますね♪♪

140725_07.jpg
写真-7:ライオンへのエサやり

 いよいよライオンへのエサやりです。

 期待に膨らむその瞬間を前にスタッフさんから百獣の王ライオンの生態系について説明を受け、オスライオンのあまりにもな不遇っぷりに同情を禁じえない感じになりつつ、お肉を食べている状況をせつなく感じるのでありました(苦笑)。

 じっくりと肉を食べるライオン。

 こんな間近に居られるのもエサバスのメリットでしょうか。

 楽しかったです。

 ・・・頑張れよ、オスライオン・・・

-----

 てな感じのエサバスでした。

 マイカー利用でもガイドラジオが配布されるようですが、やはり動物の説明をプロのスタッフ聞きながら観察するのは、ただ見て回るのとは大違いという感じで、特にエサバスですと体験として記憶が残るのは、お子様にはたまらないものとなると思います。

 公式ページを見ても、繁忙期は早い時間に行かないと夕方の便まで予約で埋まってしまうことが多いようですから、早い時間に訪れることを、そしてエサバスをチョイスすることはオススメしたいと思います。

 早めに着いてバスまで時間があっても、遊園地などの付随施設もありますから、時間は有効に使えると思いますよ!!

140725_08.jpg
写真-8:遊園地ゾーンへ♪♪

 エサバスのあとは、ちょっと遅めの昼食を園内レストランで済ませ、そのあとは遊園地ゾーンに突入です♪♪

 冒頭書きましたとおり、今回の旅はオイラの趣味活動を兼ねていまして、この遊園地内にあるコースターには乗らないわけには行きません!!

 相方は苦笑いしていましたが、子供と一緒に遊べる良い趣味だと自負しております(笑)!!

140725_09.jpg
写真-9:サファリチケット回数券を購入する!!

 乗り物は200円もしくは400円という料金設定で、その都度料金の乗り物券(サファリチケット)を購入することも出来ますが、面倒なので2,000円の回数券を購入します。

 特にまとめて買っても11枚ついている訳ではありませんが、まぁこれでお終い感を愛娘に示すには宜しいでしょう。

140725_10.jpg
写真-10:遊具で遊ぶ!!

 一人で乗ればたくさん乗れるよと言えば、愛娘は一人で乗ることをチョイスする訳で、乗りたいものを乗せました。

 遊園地は規模は大きくありませんが、各アトラクションは対象年齢が幼児から小学校低学年程度までの(特に楽しめる年齢)構成になっており、サファリパーク付属施設としては妥当な感じかなと思います。

140725_11.jpg
写真-11:ジェットコースターに乗る!!

 待望のジェットコースターは愛娘と相方と3人で乗りました。

 地形の起伏がある場所に設置されており、「ここにしかない」タイプのコースターだったので、お子様向けでしたが大満足であります。

 詳細は後日!!

 こんな感じで楽しめた一日でした♪♪

 明日は富士山を目指しつつ「ぐりんぱ」に行きます!!

Facebookコメント

コメント

(コメントは管理人の承認制となっています。当サイトの管理基準により掲載しない場合もありますので、予めご了承ください。なお、頂いた内容については総て確認しています。)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/2806