2014年11月21日

東急東横線の異常時対応設備工事状況を調査する!!

141121.jpg

 先日、東急東横線の異常時対応設備工事状況を確認しましたので、報告します!!

 今回確認したのは東白楽駅と妙蓮寺駅と代官山駅の3駅です。

 以下、コメントです。

141121_01.jpg
写真-1:東白楽駅起点方下り線側状況

 東白楽駅の状況ですが、下り線側については異常時対応設備の踏面および柵が大方設置されています。

 残すところは電架柱まわりと既設ホームとの繋ぎの部分の施工のみといったところです。

141121_02.jpg
写真-2:東白楽駅起点方上り線側状況

 上り線側も同様の状況にありますね!!

141121_03.jpg
写真-3:妙蓮寺駅起点方下り線側状況

 続いて妙蓮寺駅の状況ですが、下り線側についてはほぼ完成状態にあります。

141121_04.jpg
写真-4:妙蓮寺駅起点方上り線側状況

 上り線側については起点方のほうから施工しているようで、手前の既設ホーム付近の踏面と柵の仕上げが残っている状況です。

 残すところは少なく、近々に完了しそうな雰囲気ではありますね!!


動画:代官山駅付近状況(中目黒~渋谷間前面展望)

 最後に代官山駅ですが、異常時対応設備については完成状態にあり、既設ホーム部分についても可動式ホーム柵の設置に向けた準備がなされている事が確認できます。

 動画で確認した限り終点方のほうから進めていくような感じで、起点方については仮設ホーム状態を本設に置き換えつつ施工という事で後回しなのかなぁといったところ。

 いずれにしても2014年度にホーム柵の使用開始の計画がなされていますので、あと数ヶ月で施工が進んでいくものと思います。

 簡単ですが以上です!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/2925