2014年12月19日

2014年11月30日阪神線高架化工事状況調査(2)

141219.jpg

 2014年11月30日に阪神線の高架化工事状況調査をしましたので、2回に分けて報告します。

 その(2)として武庫川~甲子園間の状況です。

 以下、コメントです。

141219_01.jpg
写真-1:甲子園構内状況

 下り線脇に高架区間からの軌道が伸びているのが確認出来ます。

 切換口が現在の分岐付近という事もあり、切換時には大掛かりな施工になりそうな雰囲気ですね。

 勾配区間も構内ギリギリまであるような形でなかなか痺れます。

141219_02.jpg
写真-2:甲子園~鳴尾間状況1

 仮線が下りアプローチとなる部分については高架橋は逆に上りアプローチになっています。

 高架橋の構築、軌道敷設、電架柱の構築まで完了しているのが確認でき、部分によっては架線の施工もしているようです。

141219_03.jpg
写真-3:甲子園~鳴尾間状況2

 高架橋は下り線1線分の構築ですが、鳴尾駅に近づくと曲線部分では複線分の構築が出来ている箇所も一部確認出来ました。

 出来る限りは構築できるだけ実施するのですね。

141219_04.jpg
写真-4:鳴尾駅付近状況1

 鳴尾駅ですが、ホーム施設の構築状況も全景で確認することが出来ます。

 上り線側は仮の支柱で支持しているようですので、駅部は1線分のみの施工でしょうか。

141219_05.jpg
写真-5:鳴尾駅付近状況2

 鳴尾駅の起点方についても、複線分の高架橋構築が出来る範囲があり、若干ながら最終形の高架橋になっています。

141219_06.jpg
写真-6:鳴尾~武庫川間状況

 鳴尾~武庫川間の直線部分は1線のみの高架橋構築となっており、ほぼ完成状態にあることが分かります。

141219_07.jpg
写真-7:武庫川駅方切換口付近状況

 武庫川方の切換口ですが、ギリギリまで軌道敷設がなされており、かなり近い時期に下り線切換となりそうです。

 以上、簡単ですが高架化工事区間のコメントでした!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/2953