2015年3月24日

2015年3月16日阪神本線甲子園駅工事調査(3)

150324.jpg

 2015年3月16日に阪神本線甲子園駅の工事状況調査をしましたので、3回に分けて報告します。

 その(3)として下りホーム施設の状況です。

150324_01.jpg
写真-1:下りホーム起点方状況

 下り外側線ですが、臨時ホームを移設した上で外側にシフトさせる切換が完了しています。

 起点方は武庫川~甲子園間の高架化切換も完了しており、甲子園の構内配線も大きく変わっていますね。

 本ホーム側は上りホームと同様に仮ホームで旧外側線部分を覆う形でホーム拡幅がなされています。

 臨時ホーム側は本設構造での整備が進められていますが、歩行面など利用に直結する部分の整備を急ぎ、その他は未完成箇所もあるようで、当面工事が続いていくようです。

150324_02.jpg
写真-2:下りホーム中央部付近状況

 膜屋根で覆われているホーム中央部付近の状況です。

 臨時ホーム側についてはホーム面がタイルや舗装仕上げがなされているのが確認できます。

 やはり端部の仕上げは未施工で、今後施工が続いていくものと思います。

 パースを見ると臨時ホームにも全域上家が設置されるようですが、現時点では東改札の出口付近のみ上家が整備されている状況です。

 膜屋根部分との繋ぎでホーム中央側からは屋根がある形になっており、東口駅舎建物構築と合わせて優先的に整備する範囲を定めて急いだという感じなのかなぁと思います。

 本ホーム側は約1線分シフトしているため仮ホーム範囲が広いですが、膜屋根の上家が出来ているので、機能的には良い感じになっていますね。

150324_03.jpg
写真-3:下りホーム終点方状況

 終点方ですが、外側線の移設はホーム端部にいたってもシフト量が多く、切換口は先になっているようです。

 西改札口付近の駅舎は大方完成状態にあるようで、前述のとおりのホーム上家その他施設の整備と合わせて、本ホーム側の本設構造化、昇降設備の整備等が進められていくものと思います。

150324_04.jpg
写真-4:下り線終点方状況

 下り線終点方の状況です。

 全体的に外側にシフトしており、分岐も交換されていますし先の配線も変わっているようですね。

 切換シフト量も大きいですし、ホームの本設化が仕上げも含めて完成すると大きく印象を変えることになりそうです。

 まだまだ続く改良工事ですが、完成が楽しみです♪♪

 今回はこんなところで!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/3048