2015年4月21日

2015年3月15日JR富山駅施設調査(2)

150421.jpg

 2015年3月15日にJR富山駅の施設調査をしましたので、2回に分けて報告します。

 その(2)として、ホーム階施設状況です。

 以下、コメントです。

150421_01.jpg
写真-1:ホーム階全景

 2面4線駅という事で、規模が大きいわけですが、鉄骨鉄骨した感じの上家に覆われて格好良い感じに仕上がっている印象です。

 外光は外壁面側の大きめのガラスにより入ってきますが、照明が控えめな感じでやや暗い感じもありますね。

150421_02.jpg
写真-3:可動式ホーム柵とホーム案内状況

 可動式ホーム柵は一般的な構造で、柵部分はホーム中央部は透明パネルが採用されています。

 ドア付近には2列の街ち列案内明示がなされています。

150421_03.jpg
写真-4:待合室状況

 ホーム終点方(金沢方)から喫煙スペースと待合室が配置されています。

150421_04.jpg
写真-5:エスカレーター状況

 続いてエスカレーターとなります。

 ホーム階の案内板も番線表記のみのシンプルなものです。

 発車番線が複数あるので(始発もありますし)、ホーム階のLED案内板で確認させる狙いがあるのでしょうか。

150421_05.jpg
写真-6:エレベーター状況

 続いてエレベーターです。

 コンコース階とはドアが反対位置になっており、通り抜けタイプですね。

 コンコース階と同様に外壁パネルが透明になっているのが特徴的ですが、採光の関係でそうしているような印象です。

150421_06.jpg
写真-7:階段状況

 ホーム起点方に配置されている階段状況です。

 幅はエスカレーター2機分相当となっています。

 高欄は透明から半透明になるグラデーションタイプのパネルが用いられています(エスカレーター部も同様)。

150421_07.jpg
写真-8:ホーム柵状況

 ホーム柵ですが、冒頭透明パネルが採用されている旨記載ししましたが、ホーム端部側は一般的な柵タイプになっていました。

 場所により仕様を変えている模様です。

Facebookコメント

コメント

(コメントは管理人の承認制となっています。当サイトの管理基準により掲載しない場合もありますので、予めご了承ください。なお、頂いた内容については総て確認しています。)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/3076