2016年2月 1日

アプローチ萌え♪♪

160201.jpg

 先日見たブルーラインの北新横浜のアプローチがとっても素敵だったので、別でコメントです。

-----

 オイラはアプローチが大好きです。

 その思いをここに!!

 ・・・

鉄道は勾配に制限があるため、地下線にしろ高架線にしろ地上部からのアプローチを設けるためには広い(長い)スペースを必要とします。

 高架橋であれば、交差道路の空頭を確保する必要がありますし、地下線であれば埋設物等インフラがあるため地上からある程度の土被りが必要です。

 そんななか現存するアプローチはそれぞれ様々な制約をクリアしたなかで構築できたものであるという認識から、その状況を見て「ここにしか構築できなかったんだろうなぁ」とか「よく造ったなぁ」という思いがイメージが浮かんでしまうんですよね。

 よってその想定される制約が大きければ大きいほど、造られた構造物が立派であればあるほど萌えます(笑)。

 地下鉄の高架橋区間は地下区間から一気に上がる事が多く、勾配や線形が厳しいケースが多くオイラの好みです。

 今後もこのアプローチ萌えを皆様に伝えていければ本望です!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/3362