2016年4月24日

2016年3月29日阪神青木駅工事調査(1)

160424.jpg

 2016年3月29日に阪神青木駅の工事状況調査をしましたので、2回に分けて報告します。

 その(1)として高架化された下りホーム階の状況です!!

 以下、コメントです。

160424_01.jpg
写真-1:駅終点方状況

 駅終点方には片渡り線が挿入されるようで、分岐が設置されています。

 以前は起点方にあったかと思いますが、機能維持がなされたという事でしょうね。

160424_02.jpg
写真-2:ホーム終点方状況

 比較的端部の幅がある島式ホームになりました。

 4両の普通列車の停車位置で分かるとおり昇降設備は真ん中部分に配置されるため、短編成は真ん中寄せ停車となっています。

160424_03.jpg
写真-3:階段状況

 終点方から順に昇降設備配置を見ていきましょう。

 まずは階段が設置されています。

 ホーム幅が十分にあるため階段幅も深江よりありますね。

160424_04.jpg
写真-4:エスカレーター状況

 続いてエスカレーターです。

 エスカレーターと階段の向きが逆になる配置が一般的ですが、ここでは同じ向きの配置ですね。

 2人用幅タイプが2基設置されるベーシックスタイルです。

160424_05.jpg
写真-5:エレベーター・待合室状況

 続いてエレベーターです。

 コンコース階とはドアが反対向きのスルータイプです。

 その奥には待合室があります。

160424_06.jpg
写真-6:ホーム起点側状況

 ホーム端部起点側も比較的ホームスペースがありますね。

 副本線外側は頭の位置以上の壁面が配置されている状況です。

 周辺視覚の配慮があるのか透明パネル部分はありません。

 上り線側は工事のための仮フェンスが駅ホーム範囲と同等の部分に設置されています。

 深江と同様に上家は上下施設が分離タイプのようで、この仕上げでフィニッシュのようですね。

 その(2)に続きます!!

Facebookコメント

コメント

(コメントは管理人の承認制となっています。当サイトの管理基準により掲載しない場合もありますので、予めご了承ください。なお、頂いた内容については総て確認しています。)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/3539