2016年4月23日

2016年3月29日阪神深江駅工事調査(2)

160423.jpg

 2016年3月29日に阪神深江駅の工事状況調査をしましたので、2回に分けて報告します。

 その(2)として高架化された下り線側コンコース階の状況です!!

 以下、コメントです。

160423_01.jpg
写真-1:改札入り口付近地上階状況

 改札コンコース階がホーム階と地上階のちょうど中間の高さに位置しており、地上階からはエスカレーター、階段、エレベーターを利用する形となります。

 下り線側施設のみ構築されている状況ですが、これらの要素は総て最終形で構築されています。

 上り線側部分には仮壁が構築されており、上り線側施設構築と合わせて階段が拡幅される形(+下りエスカレーター増設?)になりましょう。

160423_02.jpg
写真-2:改札口付近状況(改札外)

 改札口付近の状況です。

 自動改札機は3列、自動券売機は2台という規模です。

 現在のところ上下線で改札口が分離されているため、自動改札数、券売機数は暫定かと思いますが、最終形も2倍まではならないかなぁという感じでしょうか。

160423_03.jpg
写真-3:改札口付近状況(改札内)

 改札口付近をラッチ内から見たアングルです。

 自動清算機とICカードチャージ機が設けられ、その脇にはエスカレーターが設置されています。

160423_04.jpg
写真-4:改札内コンコース全景

 改札口から見た場合、前述のとおりUターンする形でエスカレーター、奥に階段が設置され、中間位置にエレベーターが配置されています。

 正面がトイレという形で、上り線側施設も対で構築されるものと思われます。

160423_05.jpg
写真-5:駅施設外観(起点方)

 起点方は交差道路の上部に位置しているため、駅名標と合わせてガラスが多用された部分的意匠が施されています。

 シンプルかつシックで格好良いですね!!

160423_06.jpg
写真-6:駅施設外観(終点方)

 その他の部分はベーシックな外観になっています。

 深江駅については以上です。

 ##明日の青木駅編に続きます!!

コメント