2016年7月28日

2016年7月11日西武東村山駅工事調査

160728.jpg

 2016年7月11日に西武東村山駅の工事状況を調査しましたので報告します。

 以下、コメントです。

160728_01.jpg
写真-1:起点方状況

 起点方ですが、新宿線と国分寺線を繋ぐ配線が切られて以降、特段配線の動きはありません。

 使用停止している範囲の錆具合が目に見えて分かる状況です。

160728_02.jpg
写真-2:ホーム部状況

 ホームの仮設構造化範囲が広がり、本格工事に向けての事前工事が進んでいるのが分かります。

 軌道部分は完全に木製覆工で覆われていて、重機械が夜間にガシガシ軌道内に入って工事できるようになっていますね。

160728_03.jpg
写真-3:終点方状況

 各線の軌道が木製覆工で覆われている先に終点方の横断通路があります。

 軌道の分岐部分を避けて設置しているようで、両サイドの工事用ヤードから直接各線に進入できる形に整備されていますね。

 まずは基礎部分の施工からという事で、既設施設の支障移転を進めつつ工事を進めていくのでしょうかね?

160728_04.jpg
写真-4:工事用ヤード(上り線側)

 上り線脇に線路1線分相当の工事ヤードが整備されています。

 搬入路としての機能を果たしているようで、線路内の工事が進むまでは工事そのものはしない範囲のようです。

160728_05.jpg
写真-5:工事用ヤード(下り線側)

 終点方の配線が整理され、下り線脇に1線分の工事用ヤードが整備されています。

 こちらも上り線側同様に搬入路としての機能が当面果たされる感じでしょうか。

 また機会を見て確認します!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/3635