2017年1月28日

2017年1月22日JR飯田橋駅改良工事調査(2)

170128.jpg

 2017年1月22日にJR飯田橋駅の改良工事状況を調査しましたので、2回に分けて報告します。

 その(2)として、撤去された既存施設と今後のホーム整備範囲の確認です!!

170128_01.jpg
写真-1:旧西口駅舎施設撤去状況

 先日その(1)にて仮西口駅舎施設の状況をコメントしましたが、仮切換が完了したことにより従来施設撤去が進められたようです。

 既に通路部分は地上設備が撤去完了し、基礎部分がいくらか残っているのみの状況になっていました。

170128_02.jpg
写真-2:旧西口駅舎部状況

 線路上空に位置していた西口駅舎部分ですが、床地盤のみ残されている状況になっていました。

 今後改修はあると思いますが、工事ヤードとして活用できる部分でもあり、暫く残りそうな感じです。

170128_03.jpg
写真-3:ホーム構築範囲状況(全景)

 ホームが構築される部分の状況ですが、上下線間スペースはヤードとなっており、線路防護柵が並んでいました。

 今後基礎工事等は柵の内側で昼夜施工が進められていきそうです。

170128_04.jpg
写真-4:ホーム施設範囲状況(運転台からのアングル1)

 元々通路があった部分ですが、前述の通り施設撤去が完了している状況です。

 今後施設の構築が進められていくものと思いますが、軌道周囲のバラストが真新しくなっており、ホーム構築に先駆けて軌道に手をいれているような印象も受けます。

 工事前の確認が出来ていないのがつくづく残念なところ・・・

170128_05.jpg
写真-5:ホーム施設範囲状況(運転台からのアングル2)

 終点方の部分は以前保守用線路があったところになりますね。

 前述の通り線路防護柵が並んでいますが、まだ整地された状態で本格的な工事の動きは見られません。

-----

 また機会を見て確認したいと思います!!

Facebookコメント

コメント

(コメントは管理人の承認制となっています。当サイトの管理基準により掲載しない場合もありますので、予めご了承ください。なお、頂いた内容については総て確認しています。)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/3469