2017年2月24日

コースター評価:ザ・フライング・ダイナソー(2)

170224.jpg

 遅くなりましたが、昨年末にUSJで体験した「ザ・フライング・ダイナソー」の評価をしたいと思います。

 昨日に引き続き、後半部分についてコメントします!!

170224_01.jpg
写真-1:上り勾配からドロップしてそのままトンネルに突入!!

 後半パートの最初は上り勾配でふわっとなったところから、360度回転の垂直ループになります。

 下向き体勢かつ最頂点からスタートする水平ループは本当に特徴的で他に類を見ない形式ですね!!

 この部分についてはナガシマスパーランドのアクロバットの冒頭部分に近い形ですが、シチュエーションが異なるので乗り味はまったく異なります。

 前半パートのインメルマンターンから続く形でありつつも、形を変えて頭から落っこちるシチュエーションが2回連続するのはとっても楽しいです♪♪

170224_02.jpg
写真-2:トンネル突入直前状況

 この360度垂直ループはレイアウト上通路敷地を横断する必要があり、珍しい形ですがドロップ部最下部分が地下トンネルになっています。

 頭から突っ込んでよく分からないけど真っ暗な部分を通ったぞ!! くらいの感想ですが良い刺激でありました♪

 後半部分の旋回状況はインメルマンターンと言える形かもしれません。

170224_03.jpg
写真-3:ドロップから上り勾配へ!!

 その後ドロップしつつ速度を落とすことなく、先に進んでいきます。

 一般的なコースターだとキャメルバックになる線形ですが、下向き姿勢だと浮遊感がまったく異なりますね。

 常に浮いている感じといって良いかもしれません。

 このあたりから線形が落ち着いてきて、やっと浮遊感を感じられるようになってきたというのが率直な感想かも!!

170224_04.jpg
写真-4:ラグーン沿いを進む!!

 ここからラグーン沿いに進んでいきます。

 緩やかなカーブを描きながら進んでいく部分ですが、視野にラグーンが広がるのが楽しい所です。

 あまり景色を楽しむ余裕が無かった前半との対比として、このゾーンは爽快感を味わう部分と認識しました!!

170224_05.jpg
写真-5:時計まわりの360度捻りに突入

 ラグーン綺麗だなぁ~と思ったところで幾分上り勾配になりつつ、時計まわりの360度捻りが入ります。

 ここも捻りの中間点が山なりのトップに一致しており、若干浮遊感のなかで捻られる感じが堪らなく良いです♪♪

170224_06.jpg
写真-6:水平ループに突入!!

 続いて左旋回の水平ループ360度となります。

 上り勾配で進んでいくタイプですね。

 今までとは異なるGがかかるので、おっ?てなります。

170224_07.jpg
写真-7:最後に360度捻りをもう1回!!

 水平ループを抜けたところで息をつかせず時計回りの360度捻りが続きます。

 この組み合わせはなかなかハードですね♪♪

 まだ続くのかぁ~と思いましたもの。

 やはり初回はコースレイアウトが良く分かっていないので興奮するなぁ!!

170224_08.jpg
写真-8:ラストはゆっくり旋回してフィニッシュです!!

 捻りの後はブレーキゾーンとなり、これから乗る待ち列を見下ろしながらフィニッシュとなります。

 いやぁ~最後の最後まで休憩無しの飛行でありました♪♪

 大満足です!!

-----

 このコースターを捉える時、同じ仕組みかつ近い時期に出来上がったものとしてナガシマスパーランドのアクロバットと比較したくなるのは仕方ないかもしれません。

 しかし、乗り比べてみるとこうも違うのかというのが率直な感想です。

 捻りや頭から突っ込む部分があるのは、この構造ならではという事でいずれのコースターにもありますが、コースの中での使われ方により受ける印象が大きく異なるのですよね。

 アクロバットはこの下向きのシチュエーションが最大限「楽しめる」ようにベーシックな造りをしたと受け止めています。

 一方ダイナソーに関しては、当然同じように最大限「楽しめる」ようにつくろうとは思ったと思いますが、設置位置によるパーク内での制約回避の観点や、様々な課題を克服するために、「楽しさ」に「驚き」が加わったように感じています。

 あくまで個人的な見解ですが、もろもろの制約が無ければもう少し違った形で各コンテンツを配置し、気持ちよさを足せるような気がするんですよね。

 乗っていて自分の状態が訳が分からなくなり、頭の中で??となる瞬間が比較的多いので、その部分をどう感じられるかでこのコースターの評価は決まるような気がします。

 オイラ個人としては、あまりに衝撃的な前半部分がすさまじく面白かったので、アクロバットよりはこちらのほうが好きかなぁ~という感じです。

 このあたりは人により評価が分かれそうな気がしますが、もう一度乗りたいなぁと素直に思いましたからねぇ!!

 ぜひ近いうちにリベンジしたいと思います♪♪

 ということで評価ですが、以下の通りとします。

 =================
 ◆落下的スリル:★★★★☆(良好)
 ◆コース的スリル:★★★★★(最高)
 ◆爽快感:★★★★☆(良好)
 ◆総合満足度:★★★★★(超満足)
 =================

 感動が大きかったので、ちょっと高めの評価になりました!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/3496