2017年2月 8日

2016年12月27日九州新幹線久留米駅施設調査(2)

170208.jpg

 2016年12月27日に九州新幹線久留米駅の施設調査をしましたので、2回に分けて報告します。

 その(2)としてコンコース階施設状況です。

170208_01.jpg
写真-1:改札口状況

 改札口の状況です。

 自動改札は4列あり、内1列は幅広タイプとなっています。

 有人通路が移動等円滑化経路となっていますね。

 先に報告した新鳥栖駅とくらべて規模が大きく、利用を踏まえて設定しているのが分かります。

 改札口を入った上部にLED案内板が設置されており、上下2列車ずつ案内しています。

170208_02.jpg
写真-2:改札内コンコース状況

 改札口を入ると暫く進んでいく形となります。

 隣接して待合室が設置されています。

 正面にトイレ、奥側にエスカレーター、手前方に階段、その間にエレベーターという標準的なレイアウトです。

170208_03.jpg
写真-3:在来線乗り換え口状況

 新幹線施設と在来線施設が並行に配置されているレイアウトなので、コンコース中央部にある乗り換え口から在来線コンコースに移動することで乗り換えがラクな形になっています。

 自動改札は2通路で内1列が幅広タイプという配置は、駅の乗降用施設と比べると規模が小さいですが、それが利用に即した形という事なのでしょうか。

170208_04.jpg
写真-4:エスカレーター・エレベーター状況

 前述の通り改札口から遠い側にエスカレーター、手前にエレベーターという配置です。

 床面タイルの意匠が派手な感じなのと、在来線施設を隔てる壁がガラス一枚で開放的なので雰囲気が明るいです。

 エレベーターはドアが改札側になっています。

170208_05.jpg
写真-5:階段状況

 乗り換え改札口のすぐ傍に階段が設置されています。

 上り・下りを区分するラインが引いてあるのが印象的です。

170208_06.jpg
写真-6:乗車位置案内

 久留米駅も8両編成と6両編成は鹿児島中央寄せで停車する形になっており、自由席の位置が揃います。

 昇降設備は8両編成に対してちょうど中間位置となることが分かります。

 以上です!!

Facebookコメント

コメント

(コメントは管理人の承認制となっています。当サイトの管理基準により掲載しない場合もありますので、予めご了承ください。なお、頂いた内容については総て確認しています。)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/3480