2017年2月17日

2016年12月27日JR折尾駅工事調査

170217.jpg

 2016年12月27日にJR折尾駅の工事状況調査をしましたので、報告します。

 この調査数日後に鹿児島本線のホームを新たに構築した高架線に切り換えるという素敵なタイミングでありました!!

 以下、コメントです。

170217_01.jpg
写真-1:現行ホーム施設全景

 現行は盛土構造上に2面3線のホームが構築されています。

 非常に趣がある構造で、これはこれで好きなのですが、駅の大規模改良が実施されるということで調査後近日で切り換わるという事になります。

170217_02.jpg
写真-2:高架構造の新施設状況

 現行の上下線施設機能を一気に切り換える計画であり、高架橋構造も同等機能の2面3線分の施設規模になっています。

 現行位置とは完全にラップしない位置に構築される形というのは結構珍しいですが、駅周辺も含めた再構築であるという事なのでしょうね。

170217_03.jpg
写真-3:新設高架橋全景

 新しく構築された駅施設の全景です。

 駅前広場部分に相当する部分はホーム中間位置となり、外装の仕上げは最終形になっています。

 一方、小倉方に目を向けると仮設構造になっているのが分かります。

 これは、今回切り替えで鹿児島本線上下線を一気に切り替えするものの、やはり鹿児島本線の最終位置は現行線位置に一部支障するため、暫定的に篠栗線直通線施設部分を鹿児島本線として仮整備して使用する形をとったということです。

 編成長の違いから、最終的に篠栗線直通線として不要な部分は仮設構造で整備をしたわけですね。

170217_04.jpg
写真-4:仮設ホーム構築部状況

 仮設ホームといっても高架施設であるため、頑丈な構造になっています。

 鉄骨組の構造や既設本設構造物への取り付き具合はなかなか素敵でした!!

170217_05.jpg
写真-5:新駅コンコース状況

 新施設のうち確認できるのはコンコースのみということで、その部分を確認。

 現時点では篠栗線への乗換通路という形の部分ですが、階段とエレベーターが設置されているのが分かります。

170217_06.jpg
写真-6:ホーム切替案内板

 1月2日にホーム切替が実施されます。

 線路切替としては駅から離れた部分で実施されますが、駅施設としては出来る準備は完了しているという印象ですね。

 切替後の状況はまた機会があったら確認したい・・・なぁ!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/3489