2017年3月25日

2017年3月6日西鉄高架化工事調査(3) 白木原編

170325.jpg

 2017年3月6日に西鉄天神大牟田線の高架化工事状況を調査しましたので、複数回に分けて報告します。

 その(3)として白木原駅の状況です!!

 以下、コメントです。

170325_01.jpg
写真-1:春日原~白木原駅間状況

 駅間部分で柱の構築が最も進んでいる区間という印象の春日原~白木原間です。

 様々な理由があるのでしょうが、一部未施工部分があるも、基本動きが出ている範囲と言えましょうか。

 柱構築までを進めてから次のステップに進めるのか、場所によっては一旦工事が止まっているかの雰囲気です。

170325_02.jpg
写真-2:白木原駅全景

 白木原駅ですが、工事的な動きはかなり早い段階から出ていたようです。

 元々の駅舎は上り線側起点方端部に設置されており、下りホームへは起点方端部の構内踏切で横断する形でした。

 橋上駅舎では無いため、高架橋構築に係る支障は他の駅の比ではありませんが、駅舎位置が支障するため、この機能を移設する必要性や構内踏切の廃止は安全性の配慮上求められたものと思いますが、上下別の仮設改札口を設けています。

170325_03.jpg
写真-3:下り線側改札口状況

 下り線側の改札口は起点方端部付近に設けられています。

 高架橋構築に支障しないように、幾分ホームから離れた位置になっていますね。

170325_04.jpg
写真-4:上り線側改札口状況

 上り線側の改札口は終点方部分に配置されました。

 元々の駅舎が起点方のため、位置的に支障しない箇所に構築する必要があったものと思われます。

 こちらも下り線側と同様に高架橋構築に支障しない位置となっています。

170325_05.jpg
写真-5:ホーム全景

 以上の通り高架橋構築に支障する要素は移設により回避された状況になっていますが、ホーム部分は仮設構造になっているものの、まだ地上部分で目に見える変化は出ていない状況です。

170325_06.jpg
写真-6:駅背面部分状況

 駅の背面部分も基礎工事の範囲となっており、工事ヤードとなっています。

 電架柱の基礎は支障しない位置に移設されていることが分かりますね!!

 その(4)に続きます!!

コメント