2017年3月17日

いよ鉄ICカード関連施設調査(2)

170317.jpg

 2017年3月4日にいよてつを利用しましたが、各所でICカード施策に係る施設確認をしたので、報告します。

 その(2)として軌道線部分についてです。

 以下、コメントです!!

170317_01.jpg
写真-1:自動チャージ機状況

 市内電車の車内でチャージをすることも出来ますが、余裕を持って入金しておきたいというケースもあるのでしょう。

 主要箇所にあるものと思いますが、松山市駅前にはありました。

 先日報告した鉄道線と同様のタイプですね!!

170317_02.jpg
写真-2:市内電車の運賃は一律160円

 ICカードが導入されていますが、運賃が160円一律とシンプルなため、乗車時のタッチが省略されています。

 あくまで160円支払う行為の代わりをICカードでやっている感じでしょうか。

 とは言え観察してみると利用率が高く、浸透しているのが分かります。

 観光客らしき人はフリーきっぷを選んでいる人が多い印象でした。

170317_03.jpg
写真-3:ICカード対応運賃箱

 ベーシックなタイプで、従来の支払い構造にICカードリーダーが追加されています。

 高額紙幣には対応していないので、そういう場合は駅設置等のチャージ機を活用する形になります。

 以上です!!

Facebookコメント

コメント

(コメントは管理人の承認制となっています。当サイトの管理基準により掲載しない場合もありますので、予めご了承ください。なお、頂いた内容については総て確認しています。)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/3521