2017年4月21日

2017年4月19日相鉄線星川駅工事調査

170421.jpg

 2017年4月19日に相鉄線星川駅の工事状況を調査しましたので、報告します!!

 以下、コメントです。

170421_01.jpg
写真-1:上りホーム構築状況(起点方)

 下り線が高架化されたばかりの状況ですが、高架橋自体はホーム設置範囲のみ上り線部分も同時に施工が出来ており、既にホーム構築が進んでいる状況です。

170421_02.jpg
写真-2:上りホーム構築状況(終点方)

 ホーム全域において進みは同じくらいで、ホームの面整備といったところでしょうか。

 上家や外壁部分の仕上げも行っており、土木・建築工事が進捗している印象です。

170421_03.jpg
写真-3:下りホーム待合室内部状況

 前回調査で確認できなかった下りホームの使用開始施設についても少々。。。

 待合室ですが、中に椅子が配置されているのは普通ですが、独立した形のタイプであるのが印象的でした。

 車椅子スペースも確保されており、トレンドな仕様と言えます。

170421_04.jpg
写真-4:エスカレーター施工位置仮囲い内状況

 地上部の仮線施設の関係でコンコース階が構築できず、切換段階で設ける事が出来なかったエスカレーターの仮囲いの透明パネル部分を覗いてみると、開口部から下が丸見えの状況でした。

 まずはコンコース階の人工地盤が構築されないと先に進みませんが、梁の設置も一部まだという事で、完成まではもう少し時間を要することになりましょうか。

170421_05.jpg
写真-5:下りホーム階段状況

 階段の本設仕上げの仮設仕上げの境目も前回詳しく確認出来なかったので、再確認です。

 暫定のコンコース通路は本設よりも幾分高い位置に設けられていますが、そのため階段も本来の段数構築が出来ていません。

 確認すると、仮通路から8段ほどが仮設材料で構築されていますね。

 これは支持部材の構造上の境目の区分なのでしょうかね??

 いずれにしても本設時にこの部分は作り直しになるものと思います!!

コメント