2010年3月30日

2010年3月30日京成金町線京成高砂駅付近工事調査

100330.jpg

 昨日から3連休です。

 やけくそ気味に休みを決め込むも、結局仕事で動いている始末・・・

 やることやったら、後は自分の時間という事で、京成線を利用して京成高砂付近と日暮里をチェックしましたので、分けて報告します。

 今日は、愛娘の保育園まで迎えに行く役割なので、チャッチャッと!!

-----

 トップ写真は柴又駅から見た京成高砂方面の状況です。

 前にコメントしたかもしれませんが、上下線それぞれから、渡りを介していずれかの線に進む信号が準備されています。

 使っていないのは今の所バッテンがしてありますね。

100330_01.jpg
写真-1:高架切換口付近状況1

 レールレベルにおいては前回調査時と状況が変わっていません。

 やはり列車運行する中で出来る工事はここまでという事なのでしょうね。

100330_02.jpg
写真-2:高架切換口付近状況2

 一方で、切換口より先の高架橋区間は軌道から電気施設まで、ほぼ出来上がっているのが目視できます。

 本当に切換待ちといった雰囲気でした。

 現場に入るための昇降階段の構造からして、もう現場は最終系という感じですよね!!

100330_03.jpg
写真-3:京成高砂駅コンコース状況

 最後に、金町線ホームが使用されるとラッチが本線と切り離されるため、連絡改札口が設けられますので、その状況をば!!

 既にグリーンフェンスで囲われているような状況で、仮壁を外せば、金町線の改札口が登場するような状況になっています。

 こうしてみると結構近いように感じるかな?

 現行でも日中時など下りホームに到着するため、1列式のエスカレータを使って反対側のホームに行くような状況で、一溜まりができやすい構造を通るわけですから、ある意味広々としたコンコースを通って乗り換えるのも、そう悪くないのかもしれません。

 ただ、金町線の乗車位置は皆さん考えそうです。

 先頭は混むんでしょうねぇ・・・

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1204