2012年7月25日

東急東横線・メトロ副都心線直通ダイヤを想定してみる!!

120725.jpg

 先日、東急、東京メトロ、東武、西武各社から2012年3月16日より直通運転開始がなされる公式発表がありました。

 ここ最近は京王や西武ばっかり考えていて、ノーチェックだったため、ここで気合を入れて関係路線全線のダイヤを想定してみることにしました。

 公式の内容で明らかになった部分もあるも、あまり詳しく書いていないこともあり、ダイヤの考え方が幅広くなりそうではありますが、各社のダイヤとも今回の3月16日の改正を踏まえている部分がありそうに思えたので、出来る限り現行ダイヤをベースに組むことを主眼としてトライしてみました。

 以下、ダイヤグラムの提示とコメントです!!

120725_01.gif
図:東京・東京メトロ・西武・東武直通時想定ダイヤ(日中時)

 <全体のダイヤの考え方>

 今回の公式発表により分かったことは以下の点です。

 ・東急東横線内特急が副都心線内急行、西武線内快速、東武線内普通として走る。
 ・東急東横線内は日比谷線直通が無くなり、菊名~渋谷・副都心線方面列車が設定される
 ・副都心線内の日中時の運転本数は14本(現行は12本)。
 ・西武線の直通区間として狭山線が含まれる。

 東横線のダイヤは15分サイクルベースの30分サイクルが維持されるようで、西武線と東武線のソースからは、現行の副都心線直通系統がそのまま東横線方面に延長されるような印象。

 大々的な直通利便性をアピールしていないところから見て、西武線・東武線方面は現行ダイヤベースの修正の可能性が高そうな印象を受けましたが、西武線に関しては石神井公園までの複々線工事が完成していない暫定状態あっての現行なので、その点は(プラス内容の)修正がされるだろうと捉えました。

 以上により、オイラの考えとしては基本的には現行ダイヤベースの修正であると考えました。

 よって、既に西武線・東武線両方面への対応として設定されている副都心線のダイヤを「固定」したまま、東急東横線内を調整し、その結果必要な変更を西武線・東武線方面で対応するというステップでダイヤを想定してみることにします。

-----

 <東急東横線内のダイヤ想定>

 現行パターンを維持したまま上りのスジ、下りのスジそれぞれを副都心線急行と東横特急がつながるように調整した結果、元町・中華街の折り返しがうまく組めず調整に難航しました。

 10両の優等しばりという従来ダイヤには無い制約が増したことで、色々と試行錯誤したものの上手くいかず・・・

 元々元町・中華街の折り返しはタイト設定だったので、過去のダイヤであった折り返し間合パターンはアリとの判断で考えた結果、横浜駅で時間調整を許容することで何とか調整しました。

 改めて改正プレスを見ると、横浜までの所要時間と元町・中華街までの所要時間に開きがあり、横浜での時間調整があることを読み取れることに気づきました。

 東急としては横浜までの所要時間が伸びなければOKと捉えるだろうと考え、東横線内のダイヤ想定を固定しました。

-----

 <東急東横線と副都心線の直通想定>

 次に東急東横線と副都心線のダイヤの整合を取ることにしました。

 東横線の特急と副都心線の急行を繋げると、後の列車のスジはどうなるか?という事なのですが、今回の想定では時間調整の上急行を全列車副都心線直通、各駅停車4本を渋谷折り返しという設定にしました。

 急行の時間調整が長く、直通しても上下とも東新宿で特急待避となるスジのため(新宿三丁目まで先着・先発区間があるのでOKとも捉えられますが・・・)、東横線内のスジを幾分タイト側に調整すると、急行は2本が直通、残り2本と菊名折り返し系統が渋谷折り返しという設定にもできます。

 しかし、あまりにタイトかなぁという事で、今回は前述の形にしました。

 この形だと現行の副都心線の毎時12本というパターンに、菊名折り返し系統の挿入という形になり、その挿入が既存のスジに当たりが出ない(殆ど変更が必要ない)という事と、増発2本が西武線方面直通スジになり、西武線の2012年6月30日改正ダイヤで気になっている列車間隔の穴を埋めることが出来るという事で、良しとしました!!

 上下とも副都心線の現行スジを極力変えないというスタンスなので、多少上下でパターンは異なっています。

 上りは渋谷において待避はありませんが、下りは特急が各駅停車を追い越す形になります。

 そのため、渋谷折り返しの4本はおのずと上りホームの内側線で折り返すことになり、下り方面では別ホーム発車となりますが、ここは仕方ない所でしょうか。

 2本は直前に菊名系統の各駅があるので、影響の少ない設定にはなっていると思います。

-----

 <西武線内の調整>

 前述の菊名折り返し系統を副都心線に挿入した結果、小竹向原で和光市・東武線方面の急行と接続する形となりました。

 6月30日のダイヤ改正で西武線方面の列車が開いてしまっている所であり、ここは西武線方面の直通としたいところ。

 その形で延長してみると、池袋からの各駅停車西武球場前系統のスジとリンクする形となりました。

 そこで、池袋発は保谷行で固定することとし、西武球場前系統は地下鉄直通としました。

 6月30日ダイヤ改正では、暫定的に池袋発で担わせていたのかな?というのは深読みしすぎかな...

 東急線内急行のスジは石神井公園折り返しで固定できたので、運用の面でも都合が良かったです。

 毎時2本増えた事で、上りについても石神井公園~練馬間の各駅停車スジを若干見直しました。

 快速の飯能の折り返しがタイトなので、工事完成の調整という事で少しスジを立てたい感じはしますが、今回はこんなところで!!

-----

 <東武線内の調整>

 和光市と新木場の折り返しについて、いずれも奥に車庫があり運用調整は現行程度出来るものと想定していますが、極力シンプルな形が望ましいと思われ、東武線内は現行維持をベースに、メトロ線内を極力30分サイクル化する形で調整しました。

 西武線方面の直通系統で多少の調整をしたものの、和光市口は殆ど変更なく処理が出来そうな事は分かりました。

 が、和光市止まりが連続する部分はちょっと懸念があったので、東武線志木直通を毎時1本増発し、現在毎時1本ある志木折り返しの副都心線系統を概ね30分間隔としました。

 この程度の変更はあるかな?という感じで捉えています。

-----

 以上、公式プレスの内容から取り急ぎ作成してみました。

 今後は各断面における利用状況を調べて、もう少しチューンナップしてみたいと思います。

 また、新しい公式情報が入ったら、それも盛り込みますね♪♪

 実に楽しいです(笑)。

コメント

コメントする

● 元町中華街での折り返し

東横線は元町中華街駅1面2線の使い方を考えると、ご提示のように 特急→特急、急行→急行の折り返しになると、私も思います。

● 渋谷折り返し列車

北行きでは、自由が丘で特急を待避する各停を小竹向原以遠まで運行しないと、渋谷から池袋まで先着する電車が13分間こない穴ができちゃってまずいですよね。
渋谷で特急に追いつかれる各停を同駅折り返しにすることで、北行は渋谷での追い抜きがなくなり、渋谷駅北行きホーム内側線を折り返し列車が占有できるのも魅力。

南行きはどの各停を渋谷始発にしても良さそうですが、メトロ各停の列車間隔均等化や東横特急の混雑緩和を考えると、やはり自由が丘で特急待避するほうのスジを小竹向原以遠発にするほうが良さそう。

● 菊名発の扱い

菊名発のスジを小竹向原まで伸ばすと、メトロ急行のスジとぶつからないでしょうか。
菊名発を小竹向原まで伸ばすくらいなら、有楽町線を5分毎にしてほしいとも思います。
私は、菊名発が新宿3丁目折り返しと予想しますが、菊名発が小竹向原まで走り、その結果として西武直通が増発されるなら、歓迎です。

● 有楽町線

5分毎に増発して、「西武直通・和光市直通・和光市直通」という15分サイクルにしてほしいのですが、6分毎のままになりそうな予感。

● 西武線直通

有楽町線~西武線は15分毎のままでも良いので、副都心線~西武線の直通を増やしてほしいです。
副都心線の各停は「東横急行=和光市方面」と「自由が丘で特急待避=西武直通」を交互に運転とすれば、和光市方面も西武方面も15分毎に直通が来て便利でしょう。

お世話になります。
たのしく拝見させていただいております。

今回の相互直通運転で一番のアキレス腱となるのが、元町・中華街駅だと思います。
改正以降、同駅に"新たに"求められる作業は以下の通りだと整理できます。
・8連車は各停として折り返させる
・10連車は優等として折り返させる
・西武車は東武へ入らないような行き先として折り返させる
・東武車は西武へ入らないような行き先として折り返させる
後ろ2つは新木場駅にも当てはまりますが、車庫へ引き上げて出発時機の調整も可能な新木場駅と違い、ご存知の通り元町・中華街駅は2面2線のみで引上もありません。
現状でも、折り返し作業だけで精一杯であり、とても調整できるような形ではありません。

貴案ですと、西武方面から来た列車を東武方面へ返したり、またその逆もあるようです。
要するに、東武車は東横線特急・急行に、西武車は東横線特急に就けなくなる構成だと感じます。

多少の異常時にも耐えうるようなダイヤ編成とはいかなるものかを考えますと、
アキレス腱のある副都心線系には運用制約のある東武車・西武車を敢えて入れず、
代わりに比較的余裕のある有楽町線系は東武車・西武車の比率を高くするようなダイヤ編成とするならば、貴案は有効であると思料しますが、
ダイヤ上で制約があると、異常時にも東武車・西武車を副都心線系へ行かせ辛くなるのではないでしょうか。

余談ですが、渋谷の配線は、逆線到着時に先方のシーサスで戻すように開通させておけば
逆線過走防止のための速度制限を設けなくてもよさそうで、なかなか魅力のある(?)配線ですね。

ダイヤが明らかになるのが楽しみです。

東急のニュースリリースをよく見ると
渋谷縲恟椛ヤの所要時分が今より2縲鰀3分短くなっています。
種別は今と変わらないので西武線快速の小竹向原や練馬での時間調整がなくなるものと思われますが、想定ダイヤの中でその点は考慮されていますか?

ソース
http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/pdf/120724-1.pdf

>>西武線利用者さん

アドバイスありがとうございます。

上記ダイヤはたたき台で、西武線と東武線内の時間調整までは仕切れていませんでした。一つ一つ潰していくしかありませんが、公式発表までに間に合わないかも(苦笑)。

先日渋谷駅の施設調査をして思うところがあったので、修正版(東急渋谷折り返し列車見直し、西武線快速スジ見直し、西武線内本数整理)のダイヤを9月5日の記事でUPしたいと思います。

ダイヤ自体はツイッターで先行UPしていますので、以下ご覧ください(9月5日までにチョコチョコ修正するかもしれません…)。

http://okiraku-goraku.com/img/120905_01.gif