2016年2月14日

2016年2月13日新京成線北初富駅工事調査(1)

160214.jpg

 2016年2月13日に新京成線北初富駅付近の工事状況調査をしましたので、複数回に分けて報告します。

 その(1)として、松戸方のアプローチ付近の状況です。

 以下、コメントです。

160214_01.jpg
写真-1:松戸方踏切付近状況

 松戸方の2つの踏切付近から高架興構築状況を確認します。

 高架橋の構築はかなり進んでおり、高欄も部分的に取り付けられている状況です。

160214_02.jpg
写真-2:松戸方高架橋構築状況

 交差道路直上部分となる桁構築はまだですが、松戸方のラーメン高架橋の構築はほぼ完了している状況と言えます。

 桁構築に近い部分は高欄の設置がまだなのは施工を踏まえているのかと思います。

160214_03.jpg
写真-3:高架橋構築部ヤード状況

 交差道路から松戸方のヤードを見てみると、鋼板が敷き詰められている状況です。

 思いのほか北総線の高架橋と離れており、スペースがある印象です。

 道路直上部の施工は一般的な形で行われるものと思いますが、付近にまとまったヤードがあるのは良いですね。

 先のほうを見ていただいて分かるとおりアプローチ側まで土木構造物としては完成状況にありますね。

160214_04.jpg
写真-4:アプローチ付け根付近状況

 アプローチの付け根付近の状況です。

 まだ軌道工事までは至っていませんが、土木工事としては概ね完成していると見て良さそうです。

160214_05.jpg
写真-5:切換口付近状況

 松戸方切換口付近の状況です。

 曲線だった部分を仮線化で幾分直線で進み曲線にしている形なので、仮線が仮線ぽくない雰囲気ではあります。

 仮線を2線ずらした位置に構築できているのが通常と異なるところで、高架橋を一気に構築出来ていることから、完成系がイメージしやすいですね。

 切換口付近の仕上げは最後の最後なので、当面はこの景色が続く形になりそうです。

 その(2)に続きます!!

コメント