2010年1月 2日

北区飛鳥山公園で遊んできました♪

100102.jpg

 今日も相方が仕事だったので、愛娘と二人でイカしたすべり台のある公園に行ってきました♪

 検索テクニックもUPしまして、良いところがじゃんじゃん見つかりました。

 とりあえずは近場から攻めてみようかな?という事で、本日チョイスしたのは北区飛鳥山公園です。

 花見で有名な場所で、若干仕事で係わったエリアですが、公園内の遊具まではチェックしていませんでして、どうやらなかなか素敵な場所のようです!!

 以下お出かけ行程です。

100102_01.jpg
写真-1:飛鳥山公園内児童エリア入口

 京浜東北線の王子駅中央口の改札を出ると、昨年出来ました斜行エレベータの乗り場があるので、楽しみにしていたのですが、なんと年末年始は運休とのこと・・・

 仕方なく階段を使って飛鳥山公園内の児童エリアを目指しました。

 桜の名所と言われるエリアを抜けると、児童エリアが見えてきます。

 このあたりで愛娘は猛ダッシュ!!

 お城の形状をしているランドマーク的すべり台が興奮を誘うようでした(笑)。

 よくよく見ると、入口の部分のオブジェもお城になっていて、かなり凝っている場所であることが分かります。

100102_02.jpg
写真-2:児童エリアのメイン遊具のお城型すべり台

 お城型すべり台は円形形状になっており、2層に分かれています。

 下層は階段、手摺、石のでっぱり部分を駆使して斜面を登る形になります。

 上層は階段のみですが、位置的に高いので安全性を考慮しての設計かと思います。

 城の周囲は砂場になっており、多少転げ落ちても平気なくらいの状況です。

 こういうロケーションって子供は好きですよね!!

100102_03.jpg
写真-3:すべり台は高さ・勾配とも十分な形状

 城の周囲には4つのすべり台が四方に配置されており、そのうち2つはてっぺんから下まで一気にすべり落ちるタイプです。

 勾配がかなり高めに設定され、床面が材質上ツルツルなので、結構な加速感が得られます。

 愛娘も一度はチャレンジしましたが、ちょっと恐かったみたいで二度と乗ることは無かったです・・・

 写真-2で見えているのが残りの2つで、てっぺんから真ん中あたりまで落ちて、構造の違うもうひとつのすべり台を更にすべるという状況です。

 こちらは一般的なすべり台の体感程度でしたので、愛娘もお気に入り♪♪

 ちなみにワタクシも体験しましたよ(笑)。

100102_04.jpg
写真-4:ぞうさん型すべり台

 他にもすべり台は沢山ありまして、このすべり台もそれだけ見ればいたって普通のすべり台なのですが、下にぞうさんの置物があるだけで、素敵な一台に!!

 児童エリア内いたるところに動物の形状をした置物があるので、それと合わせているのでしょうか?

 妙にそそります!!

100102_05.jpg
写真-5:SL型ミニすべり台

 こちらは比較的最近設置されたような印象で、お城部分はちょっとまだという年令のお子様も楽しめる規模になっています。

 SLの形をしていますが、保存されているSL(後述)にあわせたものなのでしょうか?

 だとすれば、相当な拘りだと思います。

100102_06.jpg
写真-6:客車?型ミニすべり台

 上記SL型に付随したレイアウトで設けられている客車?型のすべり台です。

 規模はやはりミニサイズですが、曲線線形になっており、ちょっとしたアクセントになっています。

100102_07.jpg
写真-7:保存されている都電車両

 とまぁ、以上のようにメルヘンチックな場所なのですが、その一角に都電車両とSLが保存配置されています。

 どちらかというと、こちらが先にあって、公園の整備が進んでハイカラになった感じでしょうか?

 とは言え都電も綺麗に整備されており、中にも入れるタイプとしては比較的良好な状態と言える気がします。

 付近に都電が現役で走っていることもあり、大事にされているのでしょうね。

 説明看板を読むと、この車両は6080系といい。荒川線で昭和53年4月まで走っていたそうです。ワンマン化に際して交通局より譲渡されたものとのこと。

 オイラの記憶だと一番古くても青いラインの時代なので、その前ということですか。

-----

 ドアが2箇所とも開いており、木造の車内は座席も配置され、休憩として使うことも出来ますし、運転台で運転気分を味わうことも出来ます。

 素晴らしい!!

100102_08.jpg
写真-8:保存されているD51機関車

 都電が配置されるのは分かりますが、こちらのD51は説明を見ても機関車自体の概要が書いてあるだけでさっぱり分かりません。

 こちらも運転台に入ることができ、ちょっとした運転気分が味わえる子供にとって素敵な場です。

100102_09.jpg
写真-9:帰りは荒川線の新型車両に乗れました!!

 愛娘は相当この場が気に入ったようで、いつまでも遊んでいたいような状況でしたが、そうは言っても帰る時間になってしまいまして、嫌がる愛娘を担ぎ上げ、公園をあとにしました。

 愛娘を落ち着かせるに、都電荒川線に乗る事にしました。

 飛鳥山~王子駅前の一駅間ですが、まぁ気分転換できればOKだったので・・・

 こういう時は神様も素敵なプレゼントをしてくれますよね。

 到着したのは新型車両でした。おお、なんともビューティフォな顔立ち!!

 今までの車両とは大きくデザインが異なっていて、らしくない感じもありますが、格好良いんじゃないでしょうか。

 愛娘も坂道区間で併走するバスを見て興奮して公園のことは忘れたようです(ホッ)。

 今日も楽しい一日でした!!

コメント