2015年5月27日

東急東横線の渋谷付近の地上施設を確認してみました!!

150527.jpg

 先日所用で渋谷付近を歩いたので、東急東横線の地上施設撤去状況を確認してみました。

 簡単に報告したいと思います!!

150527_01.jpg
写真-1:旧地上区間状況1

 渋谷駅からJR交差部まで徒歩移動した次第ですが、渋谷駅付近の道路交差部の桁を除くと、代官山方の区間はほぼ高架橋が撤去されている状況でした。

 元高架橋があった範囲は仮フェンスで覆われていて、以前ここに線路があったと思えないような状況なのは少々さびしい所ではあります。

150527_02.jpg
写真-2:橋脚の残骸を発見!!

 道路交差部の擁壁と一体化した橋脚については、一部残っている状況が確認できました。

 周囲に仮囲いが設置されていて、撤去工事としては進捗中のようですが、当面このままかな?

150527_03.jpg
写真-3:JR交差部付近の高架橋残骸状況

 更に進み、JR線交差部付近に近づくと、一定スパンの高架橋が残されている事が確認できます。

 このあたりはJR交差部のトラス撤去が実施された区間で、この残骸部分はその工事に関係して残っていたのかなぁという感じです。

 いつの間にかトラスが無くなっており、工事状況は確認できず・・・

150527_04.jpg
写真-4:JR交差部状況

 トラスが無くなり、もはや交差部であったことのイメージが薄れています。

 これが時代の変化というものですかね?

 若干ノスタルジックな感じで現地状況調査を終えた次第です。

コメント