2008年1月24日

コースター評価:071230スペースワールド(1)

080124.jpg

 2007年12月30日にスペースワールドにて体験したコースターの評価コメントをします。

 まずは、2006年4月に登場した「ZATURN(ザターン)」です!!

080124_01.jpg
写真1:乗り場手前の案内

 かなりヘビーなコースターという事で、注意書きがキッチリ書かれていますね。

 まぁ、他のコースターにもある注意書きなのかもしれませんが、なんとなく意識してしまうのは自分がビビッているからか?(笑)。

 あわせてコインロッカーに荷物を預ける必要がある旨、100円が必要である旨が記載されていました。

 コースが垂直上昇・垂直落下なので、ポケットの中身などが落ちるのを防止するため、基本的に総てコインロッカーに預けるルールであるためです。

 この表記を見て財布を見たら、小銭が全く無かったので、慌てて売店に言って小銭に崩してもらったら、ロッカーの脇に両替機があったというオチでした(苦笑)。

080124_02.jpg
写真2:ザターンの説明

 テーマ性を持ったパーク故に、ザターンもコンセプトが設定されています。

 通常のコースターなら、最高時速130キロ、最高部65m、最大傾斜角度89度だけ示せば良いのでしょうが、「大流行宇宙病GNS(元気無くなる症候群:笑)の治療かつ予防のために開発された最新メディカルギア・・・云々」なんて書いてあります。

 どうでも良い拘りですが、オイラは好きだなぁ。何となくコースターそのものの凄さを打ち消している気もするけれど、見た目が怖すぎるので、これくらいの遊び心でほぐされないとね!!

080124_03.jpg
写真3:乗り場全景

 コンセプトの拘りと比較してシンプルな印象を受ける乗り場です。近未来的かつ宇宙的な感じではありますけどね!!

 手前にロッカーがあり、乗り場の状況は外から見えません。そのため出発時の緊張感が見えず、怖さを増長されていますね。いきなり吹っ飛んでいくのを目の当たりにする訳で、それが乗る前の身には非常に刺激的です!!

080124_04.jpg
写真4:加速部と上り勾配を望む!!

 2.5秒で130キロに加速する訳ですが、その割には加速ゾーンが短い印象です。

 ホームから即加速するのも敷地スペースが無かったためなのかもしれません。

 同じ加速系のドドンパの場合はホームから出発して少し進んで出発ゾーンになるのに対して、ザターンはホームでベルトを締めたらそこからスタートなので、何となく心構えが出来ていない乗状態から加速するような感じかなぁ?

080124_05.jpg
写真5:加速!! 加速!! 加速~!!

 いゃあ、予想以上に凄いですね。ドドンパほどじゃないという認識はあったものの、加速しきったところでいきなり垂直の坂を上がっていきますからね!!

 垂直に至る勾配変化がキツイため、身体に負担がかかるのかなぁ?と思っていましたが、思ったよりスムーズだったかも。多少の振動は速度を考えると仕方ないところでしょう。

080124_06.jpg
写真6:上り勾配中に90度捻り

 上り勾配から下り勾配に至る過程で90度捻りが2回あります。

 まずは上り勾配ですが、正直なところあっという間に上ってしまうので印象には殆ど残らない感じです。

 気付けば地上65mの位置ですからねぇ(笑)。

080124_07.jpg
写真7:地上65mの最後部

 加速から上り垂直勾配に至るまではあっと言う間の出来事で、思考が飛んじゃいますが、最高部に達する頃には速度がゆっくりになるため、我に帰ります。

 もの凄い所まで来てしまった・・・と後悔するタイミングでしょうね、きっと。

 ほんの数秒だけ時間が止まる感じっていうのでしょうか?

 周辺の景色、自分の置かれた状況、寒さ、風、総ての情報が一気に入ってきます。

 そして、真っ逆さまに落ちるレールが全く見えず、奈落の底に向かって再加速していく訳です。あ~れ~!!

080124_08.jpg
写真8:垂直落下!!

 89度という勾配はほぼ真っ逆さまですが、体感はそれ以上ですね。身体が外に押し出されるような恐怖感がありましたから。

 ドドンパの下り勾配はへっちゃらでしたが、コイツは桁違いに凄かったです。正直久しぶりに怖かったですし、妙に興奮しました!!

080124_09.jpg
写真9:垂直落下からキャメルバックへ

 90度回転して下り勾配に至りますが、落下始めが凄すぎるためか、後は怖さが緩和される一方という感じ。

 垂直落下からキャメルバックに至りますが、このキャメルバックの上り勾配ですでにブレーキがかかかってしまうんですね。

 なんと勿体ない事するんだろうと思いましたが、よくよく考えると、キャメルバック後にすぐに180度旋回してホームに到着するため、速度を落とす必要があるのでしょう。

 敷地がもう少し広ければ楽しめるキャメルバックだっただろうに、残念な所です・・・

 <まとめ>

 久しぶりに大規模絶叫系のコースターに乗りましたが、やはり素晴らしかったです。

 見た目はかなり怖く、実際乗っても凄さを痛感しますが、爽快感もかなり高く、多くの人が楽しめる仕上がりだと思います。これ以上怖いと、乗る人を選んでしまうでしょうしね!!

 かなり尖ったコース設計で、乗車時間が短時間のため、一般的なコースターと比べると評価が低くなってしまうような印象も受けますが、タイタンV、ヴィーナスGPがあるスペースワールドですから、この個性が活かされるものと思います。

 また、機会があれば乗りたいです。出来れば暖かい日に(笑)!!

◆落下的スリル:★★★★★(最高)
◆コース的スリル:★★★★☆(良好)
◆爽快感:★★★★☆(良好)
◆総合満足度:★★★★★(超満足)

コメント