2010年6月30日

2010年6月25日京急線工事調査(2) 空港線編

100630.jpg

 6月25日に実施した、京急線配線調査と合わせて実施した工事調査の報告をします。

 その(2)として、上り線高架後1ヶ月が経った空港線京急蒲田~糀谷間の地上部分の状況についてコメントします。

100630_01.jpg
写真-1:旧上下線分岐部状況

 下り線しか使われなくなって一ヶ月少々、上り線側の軌道が錆びているのが分かりますね。

 架線は撤去されていますね。軌道があるうちに撤去するほうがラクだからでしたっけ?

 軌道は今後撤去されるでしょうが、京急本線区間と同様、この上り線撤去が工事のクリティカルではないので、当面このままかもしれません。

100630_02.jpg
写真-2:京急蒲田~糀谷間状況1

 踏切部分のみ軌道が撤去されており、本線部分同様上り線部分に仮フェンスを設け、下り線のみの踏切になっています。

100630_03.jpg
写真-3:京急蒲田~糀谷間状況2

 糀谷駅手前の上下線が離れる部分の上り線側にフェンスが設けられていました。

 ここから駅側では工事が行われているようなので、工事範囲の区分といった意味合いでしょうか。

100630_04.jpg
写真-4:糀谷駅京急蒲田側状況

 糀谷駅部分は上り線側に仮フェンスが構築されており、明らかに大森町、梅屋敷といった直上高架区間駅とは状況が異なっていました。

 高架上は上下ホームが概ね出来ている状況であることから、この付近ですと位置関係的には下り地上線の施設は大方外れていることになります。

 よって、高架下部分の施工をこれから急ピッチで行っていくべく、上り線地上施設を撤去していくのでしょう。

 柱から出ている横方向の鉄骨接合部の状況から、下り線部分が支障している箇所もあるようですが、現行の高架ホームの運用が出来ていることから、最後に構築するのでしょうか。

 細かいステップが気になる所です。

 ・・・

 それにしても、高架ホームの仮設部分、下から見ると結構凄い状況(構造じゃなく見た目がね:笑)。 

100630_05.jpg
写真-5:糀谷駅大鳥居側状況

 大鳥居方端部に立つと、フェンスが無くなり、上り線側の状況が見れます。

 順調に上り線施設の撤去が進められていますね。

 それにしても、このアングルで見ると、下り線の位置が今後の工事に支障しそうな雰囲気がプンプンしますね。

 京急蒲田方では感じなかったんだけどなぁ・・・

 高架橋の柱構築や下りホームの大鳥居方の施工を行うならば、下り線を旧上り線の位置まで移設したほうが施工しやすそうです。

 切換口は現行位置である必要があるから、あくまで駅部のみのやりくりなのですが、今後どうなるのでしょうか?

 土木屋的に血が騒ぐ感じの状況ですね(笑)。

100630_06.jpg
写真-6:糀谷~大鳥居間切換口付近状況

 切換口付近については、特に旧上り線が撤去されることなく、特段変化はありませんでした。

 今後下り線側の高架橋を構築する必要があるので、遠くない時期に撤去されるかと思いますが、まずは駅部付近から手を入れる感じなのでしょうか。

 今後の動きが気になるところですね。

 その(3)に続きます!! (若干日が開きます)

Facebookコメント

コメントする

こんにちは、てけです。当ブログをいつも楽しく拝見しています。

>高架橋の柱構築や下りホームの大鳥居方の施工を行うならば、下り線を旧上り線の位置まで移設したほうが施工しやすそうです。

私も同じ疑問を感じています。写真-3に写っている京急蒲田方の踏切だけは遮断機が移設されていないので、おきらく娯楽工房様が想像されているような工事展開になる可能性がありますね。
2階上り線本設ホームへの階段やエスカレーターが完成したら、下り線を旧上り線の位置まで移設し、旧上り線仮設ホームを一時的に下り線仮設ホームとして使用する、という工事展開になるのではないでしょうか?

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1297