2010年6月 8日

昨日の京成調査の続き!! 千住大橋駅&日暮里駅

100608.jpg

 先日の続きで、帰宅時に京成線を使って気になる部分を見ましたので、報告します!!

 今日はダイヤ改正で快速が新規停車することになる千住大橋駅と、日暮里駅の状況です。

-----

 千住大橋は以前ホーム端部のタイルを置き換えるなど修繕工事を行っていましたが、この緩急接続化を考慮したものだったのでしょうか(考えすぎ?)。

 ホームには新型のLED案内版も設置され、新ダイヤに向けた施設的改修は完了状態にありました。そのあたり簡単にコメントします。

100608_01.jpg
写真-1:千住大橋駅ホーム改修状況

 ホーム端部のタイルと警告ブロックが新しくなっており、舗装も綺麗になっていることが分かるでしょうか?

 たまたま改修周期にヒットしただけかもしれませんが、新型LED案内版設置とセットで見ると、やっぱりそういう事なのかなぁと思ったり。

100608_02.jpg
写真-2:上りホームのLED案内版

 デザインは主要駅に設置された新型LED、LCDに沿ったものですが、表示部分は3色LED表記になっており、幾分簡素化された形になっています。

 上部の固定鋼材形状から、元々LED案内版が設置されていた場所に新設したような感じでしょうか。LED案内版自体新しい感じですし。

 表示は2列車分で、緩急接続を考慮した形になっているようです。

 この表記を見る限り通過列車も表記されていることから、優等2本待避のパターンだと先発の普通は表示されるのかされないのか??

 謎は深まるばかり(笑)。

 いざ改正してみたら、優等2本待避なんて無かったりして・・・ いや、有りそうだよなぁ。

100608_03.jpg
写真-3:下りホームのLED案内版

 上りホームは総て京成上野行だし、下りホームはどうなっているのかな?と見てみると、まったく同じタイプでした。

 夕ラッシュ時はアクセス特急が京成上野発で設定されますが、千住大橋に停車する訳ではないので、「本線・スカイアクセス経由」という概念も必要ないのでしょう。

 行先だけ成田空港・千葉方面となっていて、スカイアクセス部分も含めて誤解の無い表記になっているのは考えられているのかもしれませんね。

 アクセス特急の通過表記がどうなるかだけ気になるかなぁ・・・

 ちなみに、快速通過は今だけのレア表記です!! 

100608_04.jpg
写真-4:日暮里駅地上ホーム

 既に報告したかもしれませんが、地上ホームは天井の建築仕上げも完了し、ほぼ完成と言って良いような状況です。

 駅前後部分はまだ既存施設の撤去がありそうな部分も散見されますが、それはスカイアクセス開業後もできることなので、まだまだこれからといった感じでしょうか?

 通勤時に京成線の高架橋の京成上野方を見ていたら、既存の高架橋に塗装をした部分と、そのままの部分が明確に分かれていたんですよね。

 おそらく手を入れていない範囲はこれから撤去されるんだろうなぁ何て読みをしています。

 以上です!!

Facebookコメント

コメントする

おひさしぶりです。49年会のしーさるです。

千住大橋のLED表示板でしたら、今回の改正関係なくだいぶ前からありました。急行が快速になった2003年頃から。それとも交換でもしたのでしょうか。そんなに頻繁に使ってないので、少し曖昧です。
二重退避でしたら今でも土日の20時台後半に存在します。二重退避の3分前にも普通列車があるので乗ったことありませんが。通過列車が連続すると二段表示のLEDは確かに困りますね。牛田は停車列車のみ表示するので意識してなかったのですが。

仮にデータイムの千住大橋退避が増えたとしても、関屋最寄りの北千住ユーザーとしてはダメージが少ないです。むしろ旅行で疲れた時に、日曜22時台の快速を利用する機会が出てきそうです。ただ、データイムの千住大橋退避が10年以上なかったので、新規に京成ユーザーになった人にとおては不便だと感じるかと思います。

千住大橋のLED表示機ですが、もともとは本線・副本線ホームに別々の列車接近表示機が付いていました。
数年前に、2つの表示機が撤去されて、写真のLED表示機に交換されました。取り付け金具は古いものを活用しているようですが。LED自体が最近になって更に交換されたワケではないです。
日暮里等に新しく付いた表示機とデザインが似ていますが、間違いなくこちらが先です。むしろ、ココに設置されたデザインを全線で採用することになったんだと思います。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1274