2011年3月24日

2011年3月20日JR武蔵小杉駅連絡通路工事調査

110324.jpg

 2011年3月20日にJR武蔵小杉駅の南武線・横須賀線ホーム間連絡通路の工事状況を調査しましたので、報告します!!

 状況としては土木工事は大方完了していて、機械を設置しているところです。

 以下、コメントです。

110324_01.jpg
写真-1:南武線下りホーム部スロープ構築状況

 南武線下りホームから、新幹線・横須賀線交差部までは緩やかな傾斜(スロープ)部の動く歩道が設置されている状況です。

 両方向とも2人幅の機械になっていますね。

110324_02.jpg
写真-2:新幹線・横須賀線アンダーパス部分状況

 連絡通路は南武線ホームに対して斜めに進む形になっているため、直線構造の動く歩道は2箇所設置され、乗り継ぐ形になります。

 写真-2はその2つ目の降りきった部分の状況です。

 左側は階段で、アンダーパス手前で一気に降りる形になります。

110324_03.jpg
写真-3:アンダーパス手前の階段全景

 階段も一定の幅があります。

 朝は双方向利用があるため、動く歩道も活用されるでしょうが、階段利用者も多数居るでしょう。

110324_04.jpg
写真-4:横須賀線ホーム部分エスカレータ設置状況

 横須賀線ホーム側は通常のエスカレーターでコンコース階まで降り、その先のアンダーパスに向けて動く歩道が設置されます。

 動く歩道は確認が出来ませんでしたが、エスカレータについては大方の機械組み立てが完了している状況が伺えました。

 今後機械設置と建築仕上げが行われるものと思います。

 完成が楽しみですね!!

コメント