2011年7月24日

2011年7月15日相鉄線工事調査(3) 星川駅編

110724.jpg

 2011年7月15日に相鉄線の工事状況調査をしましたので、報告します!!

 ラストその(3)として星川駅の駅部分の状況についてコメントします。

110724_01.jpg
写真-1:駅終点方状況

 駅部は現在線の直上に鋼構造の高架橋を構築していますが、その駅部と駅間部分の通常の高架橋の境目には副本線が斜め横断する形で存在しているため、直近部分の柱構築はまだこれからといった状況です。

 おそらく位置的な構築は出来るのでしょうが、施工手順上後回しのような気も。

 駅部分には作業ヤードがありますが、アプローチ側はありませんもんね。

110724_02.jpg
写真-2:下りホーム終点方状況

 下りホーム終点方状況です。

 前回調査時に既に構築が完了していましたので、そのままといった所。

 第一層の横桁は現行線の建築限界を支障するので、まだ未施工のままです。

110724_03.jpg
写真-3:下りホーム中央部状況

 ホーム中央部分も同様の状況になりつつあります。

 仮こ線橋をうまくかわした配置になっていますが、直近部分を見ると若干他とは鋼材形状を変更しているようで、工夫しているんだなぁと思った次第です。

110724_04.jpg
写真-4:下りホーム起点方状況

 ホーム起点方は今まさに構築状況といったところで、近接して重機械が配置されていますね。

 第一層の柱構築後、連結桁を順次配置している状況のようです。

 近く終点方と同様の状況になるでしょうね!!

110724_05.jpg
写真-5:駅起点方状況1

 ホームから外れた起点方の2本は第1層が無いタイプの柱になっていますね。

 駅部の構築が済んでから起点方に繋げていくのかなと思いますが、ここは一番最初に施工していた位置なんてすよね。

 どういう感じで進めていくのか読めません・・・

110724_06.jpg
写真-6:駅起点方状況2

 起点方については中間部付近の柱が先行して姿を見せている状況です。

 こちらも施工スペースが厳しい部分から進めているようなので、順次駅側に向かって施工が進むのかなと思います。

 今回は以上です!!

Facebookコメント

コメントする

初めてコメントします。天王町~星川の中間付近の会社勤めです。:)

星川駅の起点側の柱2本ですが、下り副本線切り替え(2010.09)以前に立てられたものですね。以前のここのレポート(2010.05)だと副本線側に作業スペースがありますが、現状だと狭くなっているので、その関係でしょうか。

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/1703