2012年10月27日

2012年10月21日京急線施設調査 京急蒲田編(3)

121027.jpg

 2012年10月21日に京急蒲田駅付近下り線高架化に伴う施設改良状況を確認しましたので、順次報告していきたいと思います。

 今日は京急蒲田駅の(3)として、出入口が変更となった地上階の状況、コンコース階の改札外部分の状況についてコメントします!!

121027_01.jpg
写真-1:東口側通路状況

 東口側には地上施設が切換前までありましたが、一晩の切換で通路設置に必要な範囲においてホーム施設を撤去し、線路上部に仮の通路を設置しました。

 終点方から確認すると、仮の通路が線路上部に設置された事が分かります。


写真-2:東口側通路状況

 東側の通路状況です。

 上部構造から地上時代のホーム上家の位置が分かります。

 その奥には地上時代の下り本線があった訳で、営業線に近い位置に高架橋を構築していた事を改めて実感します。

 通路幅はけっこう広めに取られています。

121027_03.jpg
写真-3:地上階コンコースから東口側を臨む

 舗装していた部分は切換前まで軌道があったところです。

 フェンスの奥には地上施設が残っており、利用者は興味深く見ていました。

 一晩でこうして切り換わっている訳ですから、そりゃ気にもなりますよね(笑)。

121027_04.jpg
写真-4:西口側出口付近状況

 西口側は直接出口が設けられる状況で、既存の地上改札口よりも終点方に出口が設けられました。

 まだ仕上げが出来ておらず、仮設状態にはあるものの、ほぼ出来上がったいる状況と言えましょうか。

 今後の駅前整備もありますので、まだまだ工事はありそうですが・・・

121027_05.jpg
写真-5:地上階高架下部分全景

 西口側・東口側とも仮設状態にありますが、高架下部分については最終形になっており、インターロッキングの仕上げがなされています。

 この地上通路は東口・西口間の自由通路として機能していることにもなりますね。

121027_06.jpg
写真-6:エレベーター状況

 地上階通路から見て終点方にエレベーターが設置されました。

 地上階と改札階の間を結んでいます。

121027_07.jpg
写真-7:改札階らっち外通路全景

 改札口付近から地上階への階段・エスカレーター・エレベーター側を見た状況です。

 左側にエスカレーター、真ん中に階段、右側の通路を奥に進むとエレベーターとなります。

 広々とした感じですね♪

121027_08.jpg
写真-8:自動券売機状況

 改札口付近の山側に自動券売機が設置されています。

 自動券売機は4台が設置されていました。

 これまで西口側・東口側に分かれていた改札ですが、1箇所に集約されるとこの台数で捌けるということなのでしょう。

 その(4)に続きます!!

Facebookコメント

コメントする

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://okiraku-goraku.com/mt-tb.cgi/2164